03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

「ムダヅモ無き改革」10巻 感想 




尖閣諸島沖波高シ!

舞台は尖閣諸島へ。
某国のお偉いさんがたも登場し、相変わらずギリギリアウトな表現をぶちかますムダヅモ無き改革。
だいぶ前から分かっていたが、作者は頭がおかしいと言うしかないだろう。

一応、ネタバレ注意


senkaku.jpg

領土問題が深刻化している尖閣諸島。
決して冗談で踏み込んではいけない領域だがこの作品はお構いなし。
これ以上やると発禁にならないか心配になってくる。


ことの発端は…
とあるゲリラのボスを倒した真田が、興味深いメッセージを受け取ったことから始まる。

「日本人に告ぐ 最強の5人の闘牌士を連れてこい 釣魚島にて待つ!!」

なにやら不穏の予感。
中国で何か大きな動きがある模様。
「紅い匣」など、意味深なキーワードが出てくるが詳細は不明。

五人集めて尖閣に向かうという真田だが、(連載当時はまだ)総理の野田が邪魔してくる。
noda (1)

ああ、よかったね野田さん。
しっかりと総理時代の描写がされて。

菅さんは完全にスルーされた形になってしまった。
それ以外でもちょこちょこ出てたからまだ扱いはいいか。


野田さんが総裁の党は中国万歳らしく(現実世界ではどうなのか僕はなんにも知りません)、忍者を送り込んだりと真田を執拗に妨害する。


乾が助けに来たり谷垣と特訓したり安倍さんが復活したりと色々あるが割愛させていただく。

復活した安倍さん↓
abe.jpg
凛々しい

初登場の時の安倍さんと同じとは思えないほどかっこよくなっている。
切腹したお腹は超合金になっていた。
実際に安倍さんの麻雀力はどの程度なのだろう…。


作中でも政権交代し、尖閣諸島へと向かう真田、乾、奥村の三人。
残りの二人はだれなのか。
もう一人は現地で待ち、もう一人は後から来るというが…。


rama.jpg

ダライラマ法王、見参!!

ダライ・ラマ14世(1935年7月6日(チベット暦5月6日) - 、在位1940年 - )は、第14代のダライ・ラマ。インドのダラムシャーラーに拠点を置くチベット亡命政府ガンデンポタンにおいて「チベットとチベット人の守護者であり象徴」とされている。
またチベット民族のあいだで尊敬されているチベット仏教を代表する最高指導者であり、宗派を超えて大きな影響力を持つ。


wikipediaさまさまである。

日本人じゃなくてもいいのかよ!
中国を敵視する者ならだれでもいいようだ。
これもまぁかなりの大物が味方になったようで。

ラグナロク編のローマ教皇ポジションだから死なないか怖い。
もう一人の助っ人次第なのだが、誰がくるのか依然不明。
オバマとか来るのかな…。


尖閣に到着した御一行。
四人を待ち受けていたのは…

mou.jpg

毛沢東!!

毛 沢東(もう たくとう、マオ・ツォートン、1893年12月26日 - 1976年9月9日)は、中華人民共和国の政治家、軍事戦略家、思想家。字は詠芝、潤芝、潤之。筆名は子任。初代中華人民共和国主席。中国共産党の創立党員の1人で、長征、日中戦争を経て党内の指導権を獲得し、1945年より中国共産党中央委員会主席を務めた。日中戦争後の国共内戦では蒋介石率いる中華民国を台湾に追いやり、中華人民共和国を建国した。以後、死去するまで同国の最高指導者の地位にあった。

現代世界史において大きな業績を遺した人物とみなされており、タイム誌の「20世紀の重要人物)」の1人に名を連ねている。毛は、思想家、戦略家として評価されており、詩人としても名高い。


現代の中国を造り上げた男。
革命家にして独裁者。いまもなお彼の政策について議論がやまない。


ラグナロク編でヒトラーを倒したと思いきや、今度は毛沢東。
笑いがやまないと言っては悪いが燃えてくる展開。
というか外国は死んだ人を蘇らせる技術発達しすぎだろ。
日本も東条英機だとか吉田茂を復活させれば相当な…。


復活した毛沢東と狂信者達。
ネオ中華ソビエト共和国」を建国すると豪語する。
え、ソ連も関わってくるの?
スターリンとかも復活してくる予感。
正直奥村や乾じゃ荷が重すぎる気が。


今回の闘牌形式はラグナロク編と同じく、先鋒、次鋒、中堅、副将、大将の五人の団体戦。
レートは点尖閣

真田組の先鋒は奥村

ネオ中華軍の先鋒は…


「私めによい考えがございます」

「申してみよセンゴク」



お前なんでそっちにいるんだよ!!

日本の大臣にもなった男が中国の味方とは情けない。
私のおふくろも泣いていた。

話を戻し、ネオ中華軍の先鋒は


hennnao.jpg
アビマエル・グスマン!!

マヌエル・ルベーン・アビマエル・グスマン・レイノーソ(Manuel Rubén Abimael Guzmán Reynoso、1934年12月3日 - )は、ペルーの極左ゲリラ組織「センデロ・ルミノソ」の最高指導者。組織からは「ゴンサロ大統領」と呼ばれ、個人崇拝の対象だった。

アレキパ出身。15歳で共産党に入党し、アレキパ大学ではカントを専攻した。卒業後の1962年にアヤクーチョのサン・クリストバル・デ・ワマンガ国立大学哲学科教授となり、学生からはどんなことでも納得させるとして「シャンプー」と呼ばれた。1964年からは、三度に渡って中国を訪問し文化大革命に影響を受け帰国。1970年、ペルー共産党「中国派」から分離した「毛沢東主義派」を「センデロ・ルミノソ(輝ける道)」と名付けて自身が率いた。


毛沢東に影響を受けたペルーの革命家。
現在も服役中だとか。


このグスマン、闘牌中にお引きの者の手を噛んだり、突然奇声を上げたりとかなりアレな模様。
宇宙人鳩山の対戦を見た後なので少し見劣りしてしまうのが難儀か

グスマンはアレな言動をしながら、安い手で上がり続ける。
しかも、「高い手をわざわざ安く」しているのだ。
ヘイローリーチを駆使しグスマンから直撃を取った奥村だが、グスマンはまだ力を残している模様。

果たしてどんな結末が待ち受けているのか…?


次号!



新章への繋ぎの話。
ここからさらにガイキチっぷりがエスカレートしていくだろう。
当然死者も出る。
一応、負けたら死ぬという謎のルールがあるけど、あまり気にせず楽しめる不思議。
ラグナロク編中堅戦のような熱い展開を期待する。

奥村の勝利を祈って


ではまた


関連記事
「ムダヅモ無き改革」9巻 感想
スポンサーサイト

category: ムダヅモ無き改革

thread: 漫画の感想 - janre: アニメ・コミック

cm 2   tb 0   page top

「ムダヅム無き改革」9巻 感想 



「宇宙人」鳩山との激戦が繰り広げられる9巻。
8巻では見事に鳩山の存在自体に爆笑させて頂いたが、今回はどこで笑わせてもらえるのか。
そんな注目(?)の9巻である。

なお、9巻は通常版と特装版が同時発売。
特装版については後述する。
また、ネタバレ注意


キ●ガイ鳩山総理の猛攻は続き、絶体絶命のピンチに陥る真田達。
しかし、真田は中学の時に出会ったじいさんの言葉を思い出す。

じいさん「喧嘩の勝ち方を教えてやろう」

真田「まじで!?」

じいさん「笑うんじゃよ」

真田「おk」


以来、真田は「勝ち方」を見つけるために笑うようになったという。
笑うことで緊張をほぐし、柔軟に対応するということだろう。
深イイ話に投稿できそうな話である。
そうだ!笑顔が一番だ!もっと熱くなれよ!
と、どこからともなく聞こえてくるが気にしない。

一方、鳩山はアガリを連発しすぎて麻雀力が暴走を始めるという謎の現象に見舞われ、同士討ちをしたり行動がさらにキ●ガイじみてくるという自体に。
ああ、本当に気持ち悪い。
見てるだけで悪寒がしますわ。
全くいいキャラだなーもー。

いつも以上に狂っているスキに、真田は必殺技を繰り出す!
その名も「ファイヤー立直

轟盲牌でツモる牌を白にし、鳩山のツモと入れ替えるという荒業だ。
荒業というかイカサマだけど…。

これにより見事に鳩山からあがりを決めた真田は、スパナのようなもので鳩山を殴り、アッパーで吹き飛ばすという只の犯罪を披露。
まぁ、気持ちよかったから許してやろう。



ファイヤー立直によりどんどん鳩山との点差を広げていく真田。
しかし、一つだけ不安要素があった…。

そう、タイゾーである。

「だいたいさぁ!政府の人間でもない僕が何でこんなことしてるわけ!?」

「つかこれ…ギャラでるの!?ねぇ!どうなのさ!?」


タイゾーUZEEEEEEEEEEEEEE


やはりこいつはウザキャラが似合う。
下手に活躍しないほうがいい。
こっちの方がキャラとしての特質は出るし、タイゾーという感じがする。
ただ、ウザイ。

そして調子に乗ったタイゾーの前に現れたのは…

ozawa
小沢イチロー!!!

これは大物が出てきましたぜぇ。
果たして何をするのやら…。

ozawasan

完全に洗脳されてるじゃないですかーやだー。
リアルでもいろいろとやらかしてそうで怖い。
小沢さんについては色々と触れちゃいけないみたいな感じがあるけど、このマンガはお構いなし。
さすがですわ。


完全に友愛され、鳩山側についてしまったタイゾー。
真田は役たたずになったタイゾーを飛ばそうと試みるが、タイゾーの様子がおかしい。

「ニートを甘く見るなよ!小沢イチロー!」

「ここでこうしたら将来こうなるとか!そういう先々のことが考えられないからニートになるのさ!」

「ニートは今この瞬間にしか興味がない!ニートを説得したいのなら今!この場に議員バッチを持ってくるべきだったな!」


さすがタイゾー!俺たちにできないことを平然とやってのける!そこに痺れる憧れるゥ!
真田を裏切ったかと思いきや、そう思い込ませた小沢を裏切っていた。
それも最悪な理由で。
完全にクズニートとしての地位を確固たるものとしたタイゾー。
ここから読者の信頼を得ることはもう出来ないだろう。
真田の勝利のために、犠牲になってくれ。
君のことは忘れない。


そして、真田はタイゾーにファイヤー立直を仕掛けたかと思いきや、そんなことは無かった。
タイゾーは洗脳されずに復活すると信じ、鳩山に仕掛けていたのだ!
「アンタと俺の勝敗を分けたのは…信じられる仲間がいたかどうかだったな」

イケメンすぎるだろjk
真田になら抱かれてもいいわ。

ということで、見事に真田の勝利!おめでとう!
仕分け3on3は完全勝利となった。


試合終了後、白い布を顔にかぶせられ担架で運ばれる鳩山総理。

医者「完全に心配停止です…残念ながら」

夫人「帰ってこーい」ドコン

トクン…トクン…

医者「げぇ!生き返った!?」

医者「なんて生命力だ…!しぶとい!」


このやりとりで大爆笑してしまった。
麻雀で死ぬってどういうことよ。
パパブッシュが死んだときは泣けたのに、なにこの違い。

「しぶとい!」とか悔しがる医者もまたお茶目。
嫌われすぎだろ鳩山。

このまま鳩山と夫人はETのように飛び去っていきましたとさ…。
めでたしめでたし。



そして物語の本編へ。
月で生きているというジュンイチロー。
これから迫り来る敵とは…?

真田やタイゾーたちは一旦解散。

新章へ…

「血戦!尖閣諸島沖波高シ!」


まさかの尖閣諸島編ktkr
もう本当にスレスレのところを飛んでいるな。
いつ突っ込まれて連載が中止してもおかしくはない。
そんなムダヅモ無き改革が、私は好きだ。

ひとまずVS民主党は終了。
宇宙人鳩山がとにかく面白く、濃密な9巻となっていた。
10巻からどんな展開が待っているか、期待しておこう。



さて、ここからは特装版についてのお話。
特装版の付録は全く不明だったが、ついに判明。
その名も「小泉ジュンイチローライジングサングラフィグ

ko

こんな紙の付録が付いてくるので、こいつを切り離してどんどん組み立てていく。
組み立てるようなものはベイブレードくらいしか作ったことのない私が作れるのかと不安だったが、なんとか完成した。

un

うむ、可愛くはない。
作ってみたはいいものの置く場所がない。
このままゴミ箱へ消えていきそうで心配だ。

なお、特装版は通常版より300円高いだけ。
こういうペーパーグラフィグの相場は600~1000円なのでかなりお得。
小泉愛の高い人は是非。


関連記事
「ムダヅモ無き改革」10巻 感想
「ムダヅモ無き改革」8巻 感想



ムダヅモ無き改革【特装版】 9 (近代麻雀コミックス)
ムダヅモ無き改革【通常版】 9 (近代麻雀コミックス)
ムダヅモ無き改革 麻雀外交全記録   (近代麻雀コミックス)

category: ムダヅモ無き改革

thread: 漫画の感想 - janre: アニメ・コミック

tag: ムダヅモ無き改革 
cm 0   tb 0   page top

「ムダヅモ無き改革」8巻 感想 



「咲」に続き、とんでも麻雀漫画が連続で発売されると感慨深いものがある。
第二部が始まり、小泉ジュンイチローの息子(?)が活躍しているムダヅモ無き改革。
この巻はレンホー達との対決から始まる。

なお、ネタバレ要素もあるので注意。
未読の方は気をつけてください。




絶妙なコンビネーションであがり続けるレンホー達。
どうやらお互いの持ち牌を教えあうイカサマ「通し」をしているらしい。
しかし、どのようにイカサマをしているかは不明。
悩む乾達だったが驚きのからくりを暴くことに成功!
そのからくりとは…

なんと、レンホー達は襟をパラボラアンテナ代りにして小声で教えあっていたのだ!
襟を大きくなびかせることにより、どんな小声も収拾可能。
普通ならバレないし、やろうともしないとんでもないイカサマだ!


これは笑ってしまった。
なるほど、レンホーさんのあの襟はこの為にあったのか。
今まで嘲笑ってしまっていてごめんなさい。
やっぱりどんなことにも意味はあるんだよね。
こんな発想出来なかった自分が馬鹿だった。


イカサマがばれたレンホー達はそれでも地力で攻めてくる。
調子が戻ってきたときに、なんとリンホーの牌が消えた!
ついにこちらの出番である。
乾の本領を発揮する時が来た。
ただの頭でっかちでは無いところを見せてくれ。

乾が使ったものは「テスラコイル」
これを聞いてピンときた人も多いだろう。
あの有名な「フィラデルフィア計画」で使われたものなのだ。

説明しよう!フィラデルフィア計画とは、戦時中にアメリカが行ったとされる有名な都市伝説。
駆逐艦にテスラコイルを置き、強力な磁場を発生させることで、駆逐艦を透明にするという実験。
実験は成功。見事に駆逐艦は姿を消したものの、中の乗組員は炭化していたり鉄と融合していたり精神に異常をきたしたりと、とんでもない状況になっていたのだった…。



こういう都市伝説好きの人にとってはあまりにも有名な事件。
私もオカルト話は大好きな方なので色々と調べたこともある。
そんなものがまさか麻雀漫画で出てくるとは思わなかった。
さすが大和田先生。俺たちに出来ないことを平然t(ry


このコイルを自在に操りレンホー達を翻弄する乾。
しかし反動も半端ではない。
「フィラデルフィア計画」の乗組員の末路を聞けば恐れるのも当然である。
自分を顧みない乾に真田は「お前の体がもたない、もうよせ!」と詰め寄るが、乾が男の一言。

「問題ねぇっつってんだろうがよ」


うーん
こういう少年誌的熱い展開もいいねぇ。
とんでも麻雀ながらもこうやって盛り上げてくれるのがムダヅモのいいところ。

そんな乾の思いも届き、なんとかレンホー達に勝利。
終始熱い展開で、とても麻雀漫画を読んでるとは思えなかった。
レンホーも悪役として非常に魅力のあるキャラクターだった。

この勝負をもっと盛り上げてくれる第三試合の対戦相手は…?



なんと、鳩山ユキヲ総理大臣だった!
hatoyama
どうみても宇宙人です。本当にありがとうございました。

今までは人間が相手だったが今回はまさかの宇宙人が敵。
これはいつもの人間的思考で闘うと分が悪いだろう。
それよりも鳩山総理、どんな力を持っているのか…。

do-nn
どうみてもキ●ガイです。本当にありがとうございました。


いきなりタイゾーを殴り飛ばしてちょんぼする総理。
他にもちゃぶ台返しをしたりちょんぼを繰り返す。勝負になるのかこれ?
というより、この鳩山ユキヲは容姿から中身まで全て現実と似…
いや、なんでもない。次行こう次。


しかし、ちょんぼを繰り返す鳩山にもきちんと理由があった!
なんと、鳩山はチョンボを繰り返すことによって手が高くなるという能力を持っていたのだ!

流石に一国の総理ともなると不可思議な力を持っている。
これでキ●ガイの汚名は返上だろう。


そしてその力を知った真田は「チョンボさせなきゃいいんだろ」と、鳩山より先にチョンボをする始末。
麻雀しろよ麻雀。
そう、これは麻雀。
一応ルールに則った厳しい競技である。
真田は何か一策ある模様。
それは…!?



いや、実に面白かった。
ギャグ、展開、構成、全て衰えていない。
無駄に熱かったレンホー戦が少し長引いたが、展開の熱さでそれをカバーしてくれる。
第二部がいつまで続くか分からないが、いつまでもこの調子でやっていただきたい。
そういえば、コータローってどこいったんだ…。

いつ出るか分からないが、また次巻!
楽しみだ!


関連記事
「ムダヅモ無き改革」9巻 感想



ムダヅモ無き改革 8 (近代麻雀コミックス)
ムダヅモ無き改革 麻雀外交全記録   (近代麻雀コミックス)
ムダヅモ無き改革<デラックス版> [DVD]

category: ムダヅモ無き改革

thread: 漫画の感想 - janre: アニメ・コミック

tag: ムダヅモ無き改革 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。