03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

アニメ「惡の華」第一話 感想 

dareyakore.jpg

何かと話題になっているアニメ版「悪の華」。
私もこのブームに乗って感想を書いていこうと思う。



なお、私は原作既読の為多少のネタバレを交えての感想になります。
気にならないという方だけ先にお進みください。





まず、「惡の華」とはなんぞやと
簡単に紹介すると
「自分は他人とは違う」と感じる主人公たちが、糞みたいな世の中から抜け出すためにブッ飛んだ行動を取る物語である

本来の意味での「中二病」をテーマにている。
中学生の微妙な背伸び感を丁寧に描いており、他人とは違う自分を見つけ出そうとあがく心理描写は必見。
実にリアルな青春を可視化した素晴らしい作品だ。


私もアニメ化が決定した時には飛んで喜んだ。
ついに奴らが動くのか!仲村さんの毒舌を聞ける!
とwktkしていた。



蓋を開けてみたらとんでもない作画
これの第一報を聞いたときは唖然としてしまった。
ロトスコープという実写をトレースする技法を使っているらしい。
原作レイプか?と焦りつつこの目で見るまで保留としていた。

私の地域では放送が無いためバンダイchの配信待ち。
本日正午より配信開始されたのでようやく感想が書ける次第になったわけである。



とりあえず、一話視聴後の感想


あれ?そんなに悪くない
ハードルを低く見積りすぎたためか拍子抜けしてしまった。
滅多糞に叩いてやろうと思っていたのにこれではあまり叩けない。

けれども、全体的に荒の多いアニメだったのは間違いない


最初に擁護しておこう。
上のような出回っている画像には少々悪意を感じる。
実際はこんなに酷くはない。
もっと目は大きいしとんでもない不細工というわけでもない。
この画像のインパクトがでかすぎてあっという間に広まってしまったようだ。

それでも原作の仲村さんのことを思うとぶん殴りたくなる容姿
原作読んでない人は笑ったり叩いたりして楽しめるが、既読者はただただ呆然とするしかない。
涙や怒りというものは全て吸い取られてしまったような虚無感に襲われる。


何がしたかったかは分かるがそうした意味がわからない
確かに人物の動きは素晴らしい。
さりげない仕草、動き、細かいところまできちんと描写されている。
名前忘れたけどあのアホな友達の動きは見ていて凄く楽しかった。

「リアリティを出す」というのは作品のコンセプトに合っていて着眼点もいい。
リアルな動き、リアルな表情、リアルな行動こそがこの作品の真骨頂だ。


だからと言ってこの画風でアニメ化する必要性は全くない。

原作絵で十分綺麗なんだから少しデフォルメしてやればいい。
上記のような人間の動きは見事なんだからそれを付け加えるだけでよかっただろう。

絵で「リアリティ」を表現するな!
巧みな演出と「間」を使え!
絵がリアルなら「リアリティのある作品」だと感じるのは当然だろう!
読者が求めていたのはそれではない
少年少女の思春期の「リアリティのある葛藤」を見たかったんだ!
「リアリティのある人間」を内容で具現化させろ!


他にもやりようはあったのに、わざわざこんな回りくどい方法を採ったのが「制作陣のオナニー」と揶揄される所以である。

まぁ私が怒っているのは仲村さんがかわいくなかったからである。
どう見ても萌え豚です。本当にありがとうございました。


まぁ実際にアニメでこういう表現をするのは難しいんだけど。
「よつばと!」がアニメ化されないのもこういった理由からだし。


擁護するつもりがいつの間にか叩いていた。気をつけなければ。
他にも擁護すべきところ…

原作の知名度上昇

これだけ話題になってくれれば原作に興味を持つ人が増えるのは必至。
まだ7巻しか出ていない。
手に取りやすい安心設計である。

仲村さん以外はまぁまぁ

佐伯さんはなかなかかわいい。
モブの気持ち悪さは気にならない。
上記のように友人の動きは感動もの。


まぁこんなとこ。
肝心の内容に触れていく。



うん




テンポ悪すぎ

これを見ただけでは話の意味が分からないしgdgdなだけ。
せっかく祭り上げられて有名になったのにこれではせっかくの視聴者を放すことになる。

仲村さんと二人乗りの場面までやらなかったのが一番の疑問
掴みとしては完璧だし引きもいい。

あんな顔で「見てたんだよ♡」とか言われても腹が立つだけだが。
いや、こういうシーンだけとんでもなくかわいくなるかもしれない。
次週以降の仲村さんの表情に注目だ。


とにかく、この騒動で惡の華に興味を持った皆様方、一話切りはしないでいただきたい。
仲村さんとの接触、体操服デートから加速度的に面白くなっていく。
少なくとも教室で暴れるところまでは見て欲しい。


これをこのアニメでどう表現するか。
アニメ化決定時に一番楽しみにしていたシーンなので、不安と期待が入り混じって昇天してしまいそうだ


kusomusi.jpg


さらに原作はこんなに陰鬱ではない。
仲村さんに萌えながら春日が変態になっていくのを暖かく見守る漫画だ。
「中二病」に悩まされた方には超おすすめの漫画。
かくいう私もどストライクだった。


あと、気になるのが佐伯さんとのHシーン
実写トレースらしいけど本当にやんのかこれ。
motironn.jpg

そもそも原作のどこまでやるのかが謎。
このペースなら2巻で終わってしまうが。

順当に中学生編までだろうか。
それだと消化不良気味だし、オリジナルストーリーにでもなるのかな?
それもまた一興。


あと、主人公の声優が棒。
スルーされているが由々しき事態である。
クレジットにはご丁寧に(新人)の文字が。
新人だからといって許されるわけではない。

どうせ最終回に(新人)が取れるとかそういう演出を狙っているのだろう。



さんざん言っているが、
原作の不明瞭な世界観はなんとなく掴める作品
地に足がつかない感覚はアニメも漫画も変わらなかった。
絵がアレなものの、優秀なスタッフによる雰囲気作りは見事なので、これから化けることに期待。



二話以降も一応感想を書く予定。
私の気分次第なので書かない可能性も高い。

やっぱり書きません


とてつもなく面白いアニメになることを祈って


ではまた



関連記事
「惡の華」6巻 感想
「惡の華」7巻 感想





惡の華(1) (少年マガジンKC)
悪の華 (新潮文庫)
惡の華 コミック 1-7巻 セット (講談社コミックス)



スポンサーサイト

category: アニメ感想

thread: アニメ・感想 - janre: アニメ・コミック

tag: 惡の華 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。