04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

PSP「STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん」プレイ感想 



今日は漫画でも小説でもなく、ゲームの感想を書いていく。
まぁ、サウンドノベルなので少々勘弁していただきたい。ほとんどギャルゲーだけど。

「比翼恋理のだーりん」は本編「Steins;gate」のスピンオフ作品。
あったかもしれないラボメンとの物語を描く。
Xbox360で発売していたが、先日PSPでも発売されたので購入した次第だ。
もちろん、本編をやっていないと充分に楽しめることができない作品。
また、本編をアニメでしか見たことがない人にもお勧めはできない。
原作を存分にプレイし世界観に満足した方ならば大いに楽しめると思う。
逆に原作プレイ者には超お勧めな作品だ。

簡単なあらすじを
度重なるDメール実験により変動率3%の世界線に移動してしまったオカリン
その世界ではフェイリス、バイト戦士がラボメンになっていた
新作ガジェットも次々に開発されていたが、ラボは厳しい財政状況
なんとか資金を得ようとオカリンは奔走する


原作のような重苦しい雰囲気は無く、常に明るく楽しいお話。
ラボメンとの甘酸っぱい恋愛が楽しめる。



ルートは萌郁、フェイリス、ルカ子、鈴羽、まゆり、クリスの6ルート。
原作にはなかった萌郁ルートが追加されている。
原作では多くの非難を浴びた萌郁だが、今作で「許した」との声が多く聞かれる。
実際、何を考えているのか分からなかった萌郁の心情がうまく描写されており、萌郁というキャラをよく知ることができた。
私は最初から萌郁を「許してた」人間だったので、照れを隠す萌郁のさりげない仕草に萌えていた。

まず、言っておかないといけないことが、ルカ子ルートだけは酷い出来だということだ。
ホモルートというだけでネタになるはずなのに、話が致命的に面白くないのだ。
同じような話の繰り返し、各人物のキャラ崩壊など、擁護すべき点が無い。
盛り上がる部分も全く無いため、作業ゲーがさらに単純化してしまった感じだ。
さらに、ルート突入後からすでに付き合っているという設定のため、仲良くなっていくプロセスが無く全く楽しめない。
どうしてこうなった…。


萌郁、フェイリスルートはラボメン全員参加であるため、盛り上がりもあり非常に面白い。
特にフェイリスルートは各キャラの特徴が最大限に出されており、より感情移入できる。
オカリンのかっこよさもさることながら、肝心の恋愛部分も自然に流れていき違和感なく楽しめることができる。
4℃のうっとうしさも健在で本当に「オールスター」という気分になれた。
また、萌郁ルートはミスターブラウンルートとも言われているのでお楽しみに。

鈴羽、クリスルートはそれぞれのヒロインが主役になり、他のヒロインはほとんど出番が無い。
人によっては少し盛り上がらないと感じることもあるだろう。
それぞれキャラは掘り下げられているのだが、デレが少ないのであまり萌えない。
こっち方面でも盛り上がりが無いと感じる人もいるだろう。
鈴羽ルートは「ダルがうざい」ともっぱらの噂である。
だが、私もダルの立場ならこうなっていると思うため、非難はできない。


そして最後に今作のトゥルーエンド、まゆりルートである。
これは本当に完成度が高い。このルートだけで比翼恋理のだーりんは構築されていると言っても過言ではない。
まゆりの子供からの心情、「女の子」としてのまゆりがうまく描写されている。
そして何よりまゆりがかわいくて仕方が無いのだ。
オカリンの為に健気に動く彼女を見ているとこちらの心も動いてしまう。
オカリンの気持ち、はたまたまゆりの気持ちにも感情移入してしまい、涙を誘う。
「彼女なんていらねーぜ」と息巻いていた私の心も大きく動かされた。
本当にこんな恋愛がしたかった。
この感動は是非ともゲームで楽しんで欲しい。
恋愛というものそのものを考えさせられる良作だ。

というわけで、このまゆりルートに感激した私は、コミカライズである「星屑のデュプレット」を早速購入してきた。
こちらの感想はまた後ほど。


うん、面白かった。

だが、致命的な欠点がある。
ロードが遅いということだ。


台詞の読み込みが遅く、すぐにジージーとPSP特有の読みこみ音がしてしまう。
物語は面白いのだが、これのせいでテンポが悪くなりイライラしてしまうことが多数あった。
近くPS3でも発売されるということなので、どちらかというとこちらを待った方が得策かもしれない。
お勧めしたい作品なのだが、PSP版はおススメできないと歯がゆい状態だ。


関連記事
「劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」感想
「星屑のデュプレット」感想



STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(通常版)
STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(限定版)
STEINS;GATE ダブルパック 特典 箱入りスティックポスター付き
シュタインズ・ゲート 牧瀬紅莉栖 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
スポンサーサイト

category: ゲーム感想

thread: レビュー・感想 - janre: ゲーム

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。