07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

「極黒のブリュンヒルデ」41話 感想 

ピッピッとかわいい警告音を鳴らし続ける端末。
果たして良太はパスワードを解くことができるのか?

気になるところで休載を挟み、満を持して掲載された41話。
ナナミが出てきて解いてくれると二週間前は予想していたが、どうのるのか。

もちろん、ネタバレ注意である


良太が最初に入力した単語の意味はドイツ語で「偉大な英雄」。
その偉大な英雄の名前を入力すればいいんじゃないかと小五郎からアドバイス。
さすが小五郎、頭の回転が早い。
こんな時でも冷静な小五郎さんが素敵です。

ドイツの英雄と言われても、私は誰も思いつかない。
ルーデル閣下とかアインシュタインくらいかな。
色々と思いついても入力できるのは一回こっきり。
ピンポイントで選ばないといけない。


するとまた冷静な小五郎。
石碑の文章を書いてみろ ヒントになるかも
時間が無いのにまた手間のかかることを。
それでもやってしまう良太はジェバンニ並みにすごい。
このやりとりで小五郎は終始ニヤケ顔。
この状況を楽しんでいるご様子。
良太の困る顔が見たい変態さんのようだ。


書かれた文章を読んでまた的確な一言。
これは『ニーベルンゲンの歌』の第一章第一節だな」

「『ニーベルンゲンの歌』で英雄といえば…ジークフリートだ!」


スゲェよ…。
私は「ニーベルンゲンの歌」とやらすら知らない。
ジークフリートは聞いたことがあるっていうレベル。

wikiより拝借
『ニーベルンゲンの歌』(独: Das Nibelungenlied)は、ドイツの国民的英雄叙事詩。英雄ジークフリートの悲劇的な死と、その妻クリームヒルトの復讐劇を描く。 当時書かれた物語は、多くがキリスト信仰や道徳などを説く型どおりの筋書きのものだったが、『ニーベルンゲンの歌』はそのダイナミックなストーリーと登場人物の感情描写の力強さとによって同時代の水準をはるかに超えており、普遍的価値を持つ芸術作品である。

ほうほう。
日本で言う桃太郎的なものか。
いや、三年峠的なものか。
それとも、古事記のようなものか。
よくわからん。


そしてパスワードは「ジークフリート」で見事正解。
すると端末はいきなり電話をかけ始める。
だが、良太達がいるのは電波暗室。
電話が繋がるわけはない。
また、電話をかけた相手の名前は「魔女狩り」だそうだ。

結局、位置が特定されるのを恐れ電池を抜いて帰る良太。
あれ…電池抜いて大丈夫なのだろうか。
また繋がるという保証はないのに。


場面は代わり、会社の辞令交付式。
土屋邑貴(つちやゆき)というオールバックでメガネの女性が、良太達の敵対組織「ヴィンガルフ」へ配属される。
土屋は「そんなキラキラネームの部署なんてしらねーよ」と息を巻く。

そんな土屋のスペックはこちら
・この三週間で人間相手に電話をした回数は0
・メールも0
・ネトゲ廃人
・チャット機能のないネトゲを好む
・アダルト動画やBLサイトの閲覧に定評がある
・地味な見た目の割に意外と性欲が強い


などなど。
カズミとうまい酒が飲めそうな人物である。
「人間相手に」ってのも気になる。


どうやらヴィンガルフに配属されると2年は外に出られなくなるらしく、それでも不自然ではない人物を採用するようだ。
この地味ながら大胆な性格や、どんどん巻き込まれていく様はエルフェンの助手に通ずるものがある。
これで処女ならパーフェクトだ。
二代目助手の名を我がものとするが良い。


結果、この群像劇に取り込まれる人物が一人増えてしまった。
どんな展開を巻き起こしてくれるのだろうか。
また楽しみが増えてきた。


次週が気になるという展開ではないが、これからの物語を動かす重要な話になっている。
この新キャラの動き具合によって、面白さは何乗にもなるだろう。

ポスト助手の活躍を祈るばかりである。


関連記事
極黒のブリュンヒルデ 42話「光とともに」 感想
【速報】エルフェンリートのBDBOXが届く
「極黒のブリュンヒルデ」40話 感想



極黒のブリュンヒルデ 3 (ヤングジャンプコミックス)
エルフェンリート Blu-ray BOX
岡本倫短編集 Flip Flap (愛蔵版コミックス)
関連記事
スポンサーサイト

category: 極黒のブリュンヒルデ

thread: 漫画の感想 - janre: アニメ・コミック

tag: 極黒のブリュンヒルデ 
cm 6   tb 1   page top

コメント

今回の引きは落ち着いてる方……かな?

緊迫感こそ抜けたものの、これから始まると思しきヴィンガルフ内幕は大変楽しみですな……問題はド新人である眼鏡女史に、ひいては読者にどこまでを見せてくれるのかと

荒川的な展開を考えると、上の人が失敗したり死亡したりでスライド昇進して望んでもいない重要ポストを急に任され……てな。推定、第1話冒頭を未来と仮定しても数年先なんて事にはならないだろうし
一方で良太側にも白黒が不安ではあるが小五郎という頭脳。『魔女狩り』にも多分居るだろうし……より複雑な群像が期待されたり。各々が何を思い何を作るのか

>人間相手に
まさか、エア友達か!?(はがない臭) いやいやそれは通信記録じゃあわからんだろう……人間以外の相手ってなんだ。気象情報かチケット予約か

>電池
決意を準備を固めて電源を入れたらデータが消えてた、という図は間抜け且つ絶望的ゆえ、無しであってほしいもので

ともあれ合併号につき、よい年末を過ごされますように
ALORC #XVgCdbeE URL [2012/12/21 10:28] edit

Re: 今回の引きは落ち着いてる方……かな?

エルフェンリートのBDを見てやはり助手はいいキャラだなぁと思った今日この頃。
やっぱり、あの新キャラには活躍して欲しいです。
エア友達…なるほど、友達の友ちゃんという見えない何かが居るわけですね。

合併号ということでまたまた続きを読むことが出来ないorz
年末年始はこれだから困る。
まぁ、この休みを有効に使って、最近書いてない小説の感想でも書こうかな。
mikurasu #- URL [2012/12/23 21:25] edit

アンケ切手タダだけど全部かくのきついよ
サト #- URL [2012/12/27 17:51] edit

Re: タイトルなし

そういえばヤンジャンのアンケ無料になりましたね。
確かに今回は年越しだからかスペシャルなアンケ内容。
かなりめんどくさかった…。

mikurasu #- URL [2012/12/28 23:03] edit

レビュー再開おめでとう。

レビュー再開おめでとう。これが求めていたページだ。
30話で止まっていたものが、40話から再開したようだね。
しかもレビューが1話ではなく、
22話ぐらいから始まってるようだ。むしろそれが良い。

夕暮れネクサスの方では、レベルを上げることばかりで、
レベルを下げる方向と、逆に解釈してばかりいたようだが、
1話ごとにしないで何話分でも書き込めるようにするといいと思う。

ブリュンヒルデについての書き込みを、
1ヶ所ですべて書き込むようにする。
あるいはツリー形式の掲示板1つにするとか、
レビューは書き込めるときに書くとか、
盛り上げるのは管理者より『見た人』であるべきと思う。

レベルが高いものには付いていけない。
低レベルのものを消費者の好き好みで盛り上げていけば良いと思う。
鎮死剤から #- URL [2013/01/01 00:15] edit

Re: レビュー再開おめでとう。

コメント、アドバイスありがとうございます。
ブリュンヒルデ好きとして盛り上げていきたいですね。
これからもよろしくお願いします。
mikurasu #- URL [2013/01/01 21:23] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/106-52616ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[感想]《ウルザの色眼鏡/Sunglasses of Urza》/『極黒のブリュンヒルデ』第41話

(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)「研究所・・・魔女の宮殿(ヴィンガルフ)……そんなもん一体どこにあるんだよ・・・」 《一瞬の平和/Moment’s Peace》/岡本倫『極黒の...
ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook [2012/12/21 10:00]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。