09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

有栖川有栖「46番目の密室」感想 



いわゆる「作家アリスシリーズ」の第一作目。
私はこういう連作は最初から読みたがるタチなので、これが作家アリス初体験ということになる。
有栖川有栖は「マジックミラー」以来の二作目。

ようやく近くの書店が入荷したので買うことができた。
田舎なので有栖川作品を全く置いていないので困りものだ。


まずは簡単なあらすじ

45作もの密室トリックを発表し、日本のディクスン・カーと称されている推理作家、真壁聖一。
クリスマスの日、真壁に招かれアリスと火村は軽井沢の別荘を訪れる。
「密室ものは次で最後だ」と宣言した真壁は、その日の深夜、密室の部屋で死体で発見される。
彼は自身の「46番目のトリック」で殺されたのか?
作家アリスと探偵、火村が活躍する第一作。



推理作家有栖川有栖と、犯罪学者火村英生が活躍する。
基本的にはワトスン役のアリスの一人称で話は進んでいき、犯罪学者火村の名推理を聞くことになる。


率直に思ったことを述べると、タイトルや物語で密室を煽っていながら、密室の重要度はかなり低い
密室を突破すれば物語の謎が解けるという訳でも、真新しい密室トリックということでもない。
作者は「カーとクイーンの融合体」を目指したと語っていた。
そう、確かに、確かに見事に二人の作風がブレンドされていると思う。
しかし、ブレンドされているのはいいものの、どれも中途半端
1+1」ではなく、「0.5+0.5」なので、何か物足りなく感じてしまう。

それが唯一、残念でならない事であった。


「密室」で期待させられて残念という気持ちはあるものの、肝心の内容は素晴らしい出来。
事件の奇怪さ、各所に張り巡らされた伏線のおかげで、退屈することなく読むことができた。


また、ワトスン役のアリスの役割も面白さを際立たせている。
凡人」であるほどワトスン役は光るのだが、このアリスはまさに理想の「凡人」である。
自分なりに推理はするものの、探偵に一蹴される様は読んでいて爽快だ。

また、「アリス目線」で物語が進むことで、より感情移入ができる。
ワトスン役が「凡人」であるということは、我々読者に一番近い人物だということだ。
その「凡人」目線で話が進むことにより、火村の凄さを深く知り、事件の異様さを実感することができるのだ。


トリックの解決はクイーン式の論理に論理を積み重ねた鮮やかな論法。
私は完敗だ。
あれこれと考えてみたものの、全く的外れにも程がある。
名探偵になれるのはいつの日やら。

最後に、惜しいと思う点を挙げるとするならば、動機が弱く、推理できないということだ
新本格では動機の面は軽視されがちなので、仕方ないといえば仕方ないのだが。


ミステリ初心者、というより有栖川初心者におすすめの一作。
とは言っても私もまだまだ有栖川初心者なのだが。
シリーズの一作目がこの作品というのも良い。
これから「作家アリスシリーズ」をチェックせずにはいられなくなるだろう。

次作「ダリの繭」や、「学生アリスシリーズ」も気になってきた。



新装版 46番目の密室 (講談社文庫)
ダリの繭 (角川文庫―角川ミステリーコンペティション)
綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー(1)
関連記事
スポンサーサイト

category: ミステリー(和)感想

thread: ミステリ - janre: 小説・文学

tag: 有栖川有栖 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/110-ce926d34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。