05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

極黒のブリュンヒルデ 42話「光とともに」 感想 

「今年も応援よろしくお願いします!」
という煽りから始まる新年初の極黒のブリュンヒルデ。

そういえばもうそろそろ連載されて一周年か。
巻頭カラーにならないかなぁ。
人気投票的なものもやって欲しい。
とにかく、盛り上げていきたいものだ。


何ども言うがネタバレ注意


さて、物語は試験の勉強をする良太一行から始まる。
勉強も出来て顔はよくて面倒見も良くて完璧超人やなぁ。
これは掘られても仕方ありませんわ。

そして勉強の最中に、何故かキスシーンの落書きを始める小鳥
「何落書きしてんだ!」とノートを良太に取り上げられる。

おい!良太!その落書きをよく見せろ!
二人の人物が肩を寄せ合いキスをしているのは見えるが、顔などは判別不能。
これがBLだったり百合だったりしたら私は踊り狂うのだが。
っていうか何でこんなの書いてあるんだ。
「わー!」と騒ぐ小鳥もカワイイが意味不明である。

するとカズミから鋭いツッコミが

カズミ「なんの経験もないくせに発情しよってからに」

小鳥「発情なんかしてません!カズミさんだってなんの経験もないでしょ!?」

カズミ「それじゃこの中でチューしたことのある人ー」

カナ「あんたなに虚しいこと聞いてんのよ」

カズミ「私はキスしたことあるで?なぁ?村上?」

良太「はぁ?」





ドンッ

ネコの嫉妬魔力暴走である。
久しぶりに発動して嬉しい。
緊張感ある回が続いただけに、今回のようなギャグパートがあるとホッとする。
心が落ち着いて面白い。

っていうかキスしたことあったっけ?
と思っていたらカズミはこう続ける

カズミ「そんな…あんまりやんか村上…忘れたっちゅうんか?秋葉原でのこと…」

ドン

良太「カズミお前…ウソつくな!」

カズミ「ウソちゃうわ…メイド喫茶でしたやろ?」

良太「あっ…あの時の間接キスか…」

ブシュウウ


力を使い果たしてネコはハング。
そういえばメイド喫茶でそんなことあったな。
っていうかそれは単行本に加筆された場面じゃないか

ヤンジャン本誌では描写されていないので注意。
ブリュンヒルデ3巻にて数ページほどメイド喫茶の場面が追加されているのだ。
なかなかカズミにも良太にも萌える場面があるので未読の方は是非チェックを。


さらにカズミは追い討ちをかける。

カズミ「あんたと私は唾液の交換の交換をしたんや」

カズミ「もうあんたの唾液が私の体になって…私の唾液があんたの体になってんねやで?」

ブチブチブチ


ああ、歯を食いしばりすぎて血が出てますよネコさん。
歯を食いしばる擬音が「ブチブチブチ」というのは斬新。
本当に肉が切れているのだろう。

やっぱり嫉妬のネコさんかわいい。
初期のような歌を歌うネコさんにも再登場願いたい
最近はクールキャラになってきているので、はっちゃけてほしいところ。


一方、前回登場してこれからの動向が気になっていた土屋さんはヴィンガルフに到着。
山の奥深くにある模様。
それ以外は描写されていないのでよくわからない。

あと、土屋を迎えに来たグラサンのおっさんは人事部だとか。
こんな人相の悪い人事部いねぇよ。


施設内にあるトンネルのようや所を車で走っていると、いきなり壁が爆発。
車は横転するも二人は怪我は無いようで無事。
ひとまず車から脱出。

とりあえず、この爆発はやばい
ネコの破壊魔法の比ではない。
ネコは嫉妬で魔法が暴走しているときに木をへし折るほどの力を見せていたが、この爆発はどう見ても半径10mほどの範囲で爆発が起きている。
恐ろしや。

すると、壁にぽっかり空いた穴から魔女っぽいキャラが登場。
膝下まで届く髪で、色は白か金、カラーで早く確認したいところ。そして、なかなかかわいい


新魔女「出れた…」

人事部「何が起きた…?あいつが解放されているなんて…」

新魔女「殺さなきゃ…この基地にいる人間全員…」

放送『警報レベル5 D23からD26の放射隔壁を閉鎖』

人事部「しまった…! 逃げろ!」

土屋「ちょっ!?」



ズン
という音を立て、半径5mくらいがぺしゃんこに。
地面には綺麗に穴の形ができている。
ガンツのZガンをイメージしてもらうと分かりやすいか。

そして、人事部の人は体の半分をその攻撃に持って行かれ、半身だけ残る形に。
これからコンビで活躍すると思ってたのに、死ぬとは思わなんだ…。
これぞ倫タン節。
どこで誰が死ぬのか分からない。
この緊迫感が大好きだ。


そして新魔女は「ごめんね でもあなたたちがわたしたちにしてきたことだから」と言って、土屋に攻撃の照準を合わせるのであった…。次号!


うおおおお
また気になるところで「合併号
続きを読むには二週間待たねばならない。

どうなるんだろう。
土屋が殺されることは無いと思うけど…。
でもそれだと新魔女が殺されてしまいそうだし。
どう転ぶのかさっぱりだ!

展開としては
・このまま殺される
・なんとか逃げ切る
・助けが入る
・やっぱり攻撃をやめる
・土屋は魔法が効かない体質だった


抽象的だけどこれが王道か。
斜め上の展開が出てくるかもしれない。

色々思いを巡らせながら…

ではまた

関連記事

41話← →43話




極黒のブリュンヒルデ 3 (ヤングジャンプコミックス)
エルフェンリート Blu-ray BOX
岡本倫短編集 Flip Flap (愛蔵版コミックス)
関連記事
スポンサーサイト

category: 極黒のブリュンヒルデ

thread: 漫画の感想 - janre: アニメ・コミック

tag: 極黒のブリュンヒルデ 
cm 4   tb 1   page top

コメント

明けましておめでとうございます

今年も宜しくお願します。共に極黒応援をば

>初期のような歌を歌うネコさんにも再登場願いたい。
懐かしい……あれは多分、良太に目撃され、かつカラオケ前に蒸し返された事で彼女にとって黒歴史認定されてるんじゃなかろか。その意味では平素のクールキャラは割と装い、根付いた感じなのかも
「代償」でその辺の羞恥記憶を忘れたり、飲酒やらで自制心をすっ飛ばしたりすれば……前者はちと重過ぎるかな

はたして新サングラこと宅間が速攻退場(黙祷)、カズミと(あるいは小鳥とも)話の合いそうな邑貴腐女史がいきなり大ピンチ。ヴィンガルフ内幕をゆっくり見せてくれるなんて展開は無かった。生き残れるとすれば

・助けが入る(所員が? 魔女が?)

・やっぱり攻撃をやめる(何故?)

かなと。解放されたのが彼女一人ではなく(もしくは彼女が助け出し)、その中に邑貴女史がほぼ無関係と看破できる者が居れば……と今思いついたり

つくづく合併号とは難儀なるかな。改めて今年一年も宜しくと
ALORC #aO7ArIDQ URL [2013/01/06 00:05] edit

Re: 明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

最近は隔週掲載で非常に残念。
掲載順も下がってきてるし…本当に盛り上げていきたいところ。

組織の内面が色々暴かれることを期待します。
こちらこそ、改めてよろしくお願いします。
mikurasu #- URL [2013/01/06 14:44] edit

アンケのはがきが切手いらなくなったとか。
ブリュンヒルデは当然として、あとはキャワワとWXY?

キングダムは最初の10巻は良かったが、
長く続いてどうもだらけるし、
デリシンはまだ早く終わったけど、カレーが続きすぎ。!
東京喰種と、テラフォーマーズは好きになれない。

エイナスって、アフターフォローAFがXX?
デリシンで言うXXがエイナスなんて?・?。
戦闘よういんは『弾頭の数』だけと言うのも良いが。

ライアーゲームとデストロイレボリューションが良い。
休載ばかりなのが欠点だが。
鎮死剤から #- URL [2013/01/13 04:46] edit

Re: タイトルなし

私は他にはテラフォやカギュー、キャワワに入れてますね。
キャワワはもう少しパロデイが多ければいいのですが…。

後は休載が多いですがべしゃり、ガンツ、リアルも好きです。
mikurasu #- URL [2013/01/13 09:34] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/116-067a9e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[感想]《踏み潰し/Crush Underfoot》/『極黒のブリュンヒルデ』第42話

(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)―――踏み入れさせられた外道。其は暗き墓穴。 《一瞬の平和/Moment’s Peace》/岡本倫『極黒のブリュンヒルデ』第3巻 極黒のブリュ
ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook [2013/01/05 22:38]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。