05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

鬼頭莫宏「なにかもちがってますか」3巻 感想 



この表紙の人誰?」と思いながら購入した第三巻。
物語は大きな転換を迎えつつある。

無論、ネタバレ注意


「知ってるよ」と書かれた手紙が届き、慌てふためく光。
よくわからないからほっとけと一社。
いや…これはほかっておけないだろう。
私が光だったら気が気でいられないが…。

さらに奥田さんの幽霊が出るという噂が出たり、犯行声明を出そうとして失敗したり
序盤はコミカルな内容が続く。
世界を変えようとしてるのに、こんなところでつまずいてどうする


そういえば表紙の子は奥田さんに似てるけど、同一人物なんだろうか。
流石に死んでるので似てるだけの別人だと思いたい。
奥田さんは作中で名前が出てくるまで完全に失念していた。ごめんなさい。
しかし、ここで似たようなキャラが出てくるということは意外にもキーパーソンだということなのか?


犯行声明を出すこともできず、小さな範囲でしか活動できない自分たちの無力さを嘆く一社達。

光「だって僕たち中学生だよ できることとできないことがあるよ」

一社「本当はこういうポイ捨てする奴も殺したいんだ」

一社「でも 何もできない」


そう言って虚空を見つめる一社。
手段はどうあれ、一社は世界の平和を望んでいる。
いつもはポジティブだが、何もできない自分に悲しむ貴重な場面だ。

すると目の前でポイ捨てする人を発見。

光「殺そう あの人」

おお、光。
いつの間にそんな大胆な性格になったんだ。
一社の気持ちを汲んでか触発されてか、吹っ切れたようだ。


いざ攻撃を開始するも、外して逃がしてしまう。
これぞ光クオリティ。
顔を見られているため、殺さなくてはまずいと懸命に捜索する二人。

諦めかけていた時に、ふいに奥田さんっぽい人が登場する。niko.jpg

ああ、完全に表紙の子ですわ。
でも奥田さんっぽくないし、新キャラなのか。
このマンガのヒロインは一社君だと思っていたので、普通の女ヒロインが登場して一安心だ。

とりあえずついていく二人。
どういうわけか逃がした人の家を突き止め、殺すことに成功。
でもこんな殺され方じゃ、なんで殺されたのかわからないよなぁ。
一社達の目的を分からせるのが本題なのに、まだまだ時間がかかりそうだ。

この奥田さんっぽい人の名前は高岳似子
空間に残された履歴を読み解く「サイコメトリング」という能力だそうだ。
つまり、自分の部屋に来られたら自分がどんなことをしていたかバレてしまう。
おっかない能力だ。

しかし、どうやって一社達のことを知ったのかは依然不明。
母を殺した人物に復讐することが目的。
サバサバした性格で、一社たちも振り回されてしまう。



そして次の日、またまた新キャラが現れる。
keisatu.jpg

先日ポイ捨て野郎を殺した時に、素手で扉を触ったり土足で部屋の中に入ったりしていたのだ
オワタ…。
一社達の目論見もこれにて終了。
あっけない終焉だった。

と思いきや、警察の人の様子がおかしい…。


警察の人「味方だぞ オレ


なっなんだってー!?
どうやらこの人は一社達の「世直し」に協力的らしい。

名前は「桜山幹雄
自称、一社たちを補佐する顧問。
どうやって「世直し」を知ったのか、能力者かどうかはわからない。

とにかく、桜山のおかげでポイ捨て野郎殺人事件は闇に葬られた。
強力な助っ人が出来た模様。
他にも、 「自動車事故は携帯と関連がある」とリークしたり、一社たちに「活動費」として大金を渡したり、車に乗って携帯野郎抹殺の手助けをしたり
なかなか戦力になりそうなおっさんだ


しかし、あまりに虫が良い話なので、ニコは何か裏があると勘ぐる。
うーん、実際どうなんだろ。
これは本気で一社たちを支援しているとしか思えないが。
それでも自分の不利益になるなら容赦なく裏切るタイプの人物だ。

鬼頭作品でいう「鶴丸」「畑飼」ポジションの人物と見ていいだろう。
あーでも、どこかで壮絶な死を迎える未来しか見えない。
裏切って光に殺されるか、一社たちを守って惨殺されるか。
楽しみになってきた


そして光、一社、ニコ、桜山の四人で「世直し」の為の作戦会議。

桜井「ケータイがいなくなったとして、次のターゲットはどうするんだい?」

一社「やはり基本は、ゴミのポイ捨てだと思う」

  「直接的に誰かが怪我したり死んだりするわけではないが、それだけに根が深い」

  「無自覚な自分中心の行動がどう他人に迷惑をかけるか」

  「その程度のことと思ってしまう その想像力の欠落 それが根源の罪だと思う」

  「それを罪だと認識できない奴らは 死んでいい」



重い
作品のテーマとも言える議題。
これが正解かどうかはわからないが、心に刻みつけておくべき言葉だ。

でも一社も自分勝手に光を振り回してたよね


作品のテーマ、登場人物が揃い、いよいよ本格的に動き出してきた。
一社達の野望は、いったいどこまで膨れがるのだろうか。
うーし、面白くなってきた


これからどんな展開になるんだろう。
新たな仲間が増えたり、敵グループが登場したりするのだろうか。
桜山の目的も気になる。
能力者だったらさっさと紹介してくれ!


あまりにも面白かったので掲載誌の「good!アフタヌーン」を買ってきてしまった
「単行本の続きが読める!」という帯の広告に見事にハマった。
ということで、これから「なにかもちがってますか」の本誌感想を書いていくことにする
第19話の感想は来週始めにアップ予定。
しばしお待ちを。

書きました↓
「なにかもちがってますか」19話 感想



関連記事
「のりりん」6巻 感想




なにかもちがってますか(3) (アフタヌーンKC)
のりりん(6) (イブニングKC)
鬼頭莫宏短編集 残暑 (IKKI COMICS)
関連記事
スポンサーサイト

category: 青年コミック感想

thread: 漫画の感想 - janre: アニメ・コミック

tag: 鬼頭莫宏  なにもち 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/121-fb46444a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。