08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

乙一「ZOO」感想 



「なんなんだこれは」
という文句が有名な、乙一の短編集「ZOO」

いわゆる「黒乙一」の作品であり、彼の作風を知るのに持って来いの作品だ。
全10編が収録されている。

私は文庫版を購入したので、その順に紹介していくことにする。


もちろん、ネタバレ注意

◆ZOO1

カザリとヨーコ
母親から一方的に虐待を受けるヨーコ。
双子の妹のカザリは何故か虐待をされず、母親と仲良く暮らしている。
そんな不条理の中で話は進む。

虐待という暗いテーマの中、健気に生きるヨーコに心を打たれる。
終始陰鬱な雰囲気なので残虐なシーンに目が行きがちではあるが、どんな時でも希望を見出すヨーコに私は感心した。
オチは単純明快。
正直読めてしまうが、そこに至るまでの絶望感は堪らない。
最後の「『おっしゃー』と思った」という文章は秀逸。

短編一編目にして、「乙一」を知ることの出来る素晴らしい内容だ。



SEVEN ROOMS
ある日突然、拉致監禁された弟と姉。
同じように人が監禁された部屋が計7つ。
一日に一回、監禁されて一週間経った者が殺されていく…。

「ZOO」の中で私が一番好きな作品。
ラストに近づくにつれ高まる緊張感。
読んでいて心臓が高鳴るのは久しぶりの出来事だった。

そしてバッドエンドともグッドエンドとも言えない後味の悪い結末。
とにかく面白い。一気に読破してしまう。
乙一、ここに極まり といった内容だった。



SO-far
平行世界の狭間に残された少年のお話。
父が死んだ世界と母が死んだ世界の仲介となる。

ちょっとオチは無理があるかなと思った。
「フリをしていた」では済まないレベル。
それまでの過程は面白かったので、オチで少し損をしている作品か。



陽だまりの詩
黒乙一の中に突如放り込まれた心温まるお話。
「もうすぐ死ぬ自分を埋葬して欲しい」という願いをこめられ作られたロボット「私」。
主人の手足となって働く中で、「死」とは何かについて考えていく。

オチは大変読みやすい。
しかし、ロボットが「死」という概念を理解し、主人の最期を看取る描写は必見。
怪作ばかりの「ZOO」だからこそ、より光って見えるメルヘンチックな作品だ。



ZOO
壮大な出オチ作品。
ジョギングから帰ってきたら死体の写真が入っていた!…まぁ俺が入れたんだけど。
という簡単な内容。

そこからはもはや狂人の備忘録。
「イイハナシカナー」という微妙な結末。
主人公のイカレっぷりは読んでいて面白いが、短編集のタイトルを飾る作品とは思えない。




◆ZOO2

「血液を探せ!」

ある日目を覚ましたら包丁が脇腹に突き刺さっていた!
けれどもここは山の中。
救急車が到着するまで、生き耐えることができるのか?

シリアスな展開かと思いきやコメディ調。
人の生き死にが懸かっているのに空気の読めない発言ばかりで思わず笑ってしまう。
ギャグとシリアスの融合は見事。
最後に本格的なミステリもしていたりと、意表をつかれる。
「ZOO2」の中では、異彩を放っていることもあって一番好き作品だ。



冷たい森の白い家
虐待される主人公。
死体で積み上げられて完成された白い家。

明るい展開も無く、結局主人公が人を殺しまくっただけで終わってしまう。
オチで笑えるのが救いか。
主人公に救いがなかったのが残念だ。



closet

乙一の放つ、上質ミステリ。
オチがわかったとき、何回も読み返してしまった。
見事に「やられた」作品だ。

ミステリとして出来は申し分ないが、もう少しオチを衝撃的にできなかったものか。
「三人称が実は一人称」だったということをもっとアピールしていいはず。
あれじゃ気づかない人も多いんじゃないだろうか。



神の言葉

ドラえもんの「独裁者スイッチ」のようなお話だ。
生き物に対して心をこめて言葉を放つと、その通りになってしまう。
大抵こんなチート能力を持った人は懲らしめられるのだが、この作品も例に漏れない。

自分以外は作られた幻想。
そして、自殺も出来ない。

という現実を突きつけられた時の絶望感。
合掌…。

自分が主人公の立場だったら…と思うと泣けてくる。
どん底に突き落とされる一作だ。



落ちる飛行機の中で

ハイジャックされた飛行機の中、主人公は隣の席の営業マンに安楽死の薬を買わないかと持ちかけられる。
墜落して苦しんで死ぬか
墜落する前に薬を飲んで痛みを感じずに死ぬか
しかし、ハイジャックは失敗に終わる可能性もある…。

非常に面白いテーマである。
主人公と営業マンとの場違いな駆け引き、ハイジャック犯との交流。
シリアスコメディとして「血液を探せ」に通ずるものがある。

序盤は見事に物語に惹きつけられたが、終盤が微妙。
最後はしっかり決着をつけて欲しかった。
消化不良のようで腑に落ちない。




読み終わってみれば、結局乙一ワールドに入り込んでいたことに気付く。
このうえなくバラエティ豊かなラインナップ
上述のとおり、「乙一」に始めて触れる方にはうってつけの作品。
シリアス、ミステリ、ブラック、コメディ、メルヘン
様々な要素が積み込まれている。

ひときわ光るものが多い、魅力のある作品だった。




ZOO
ZOO (ヤングジャンプ愛蔵版)
ZOO [DVD]
関連記事
スポンサーサイト

category: ミステリー(和)感想

thread: 読書感想文 - janre: 小説・文学

tag: 乙一 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/157-d2f67ba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。