07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

極黒のブリュンヒルデ 52話「運命の一日」 感想 

全巻重版出来!
という嬉しいお知らせから始まる二週間ぶりの最新話。

スカジ編もついにクライマックス。
勝者になるのはどっちだ…?


ネタバレ注意



沙織、キカコ、ナナミが敗れ、もう後がない研究所。
九と長髪は険しい表情。

九「わかっているな これが失敗したら君も最後だ」

長髪「もちろんです」


本当か?
長髪さんはいつも運が悪いからな。
無事に終わると思う根拠は何だろう。

そして九さん。
あんたも失敗したらマズイ立場です。
のんきに部下を脅している場合ではありません。
もう少し作戦に関与してはいかがでしょうか。


特殊能力持ちとはいえ、高校生の良太にここまで翻弄されるとは思ってもいなかっただろう。
本当に良太は小五郎の力を借りながらも研究所をぶっ潰すポテンシャルを秘めている。
4人の女の子を守る代わりに何百人ものおっさんを無職にする可能性を持つ外道でもある。


一方良太たち。

「明日の夜明けにまたみんなでここに集まろう」

と檄を飛ばす。

けれども、いつもは明るい小鳥達もみんな暗い表情。
未来に対する絶望感が読み取れる。


ここからは別行動。
様々な視点から展開する。


小鳥・カズミ 山荘班
小鳥が手紙の指示を実行。
カーテンを全開にする。

小鳥「あー!カズミさん見てくださいあれ!」

カズミ(ニヤリ)



例の如く、読者には何を見たかわからない…。
これはかなりのキーポイントになりそうだ。
小鳥はバカだから理解できないのか、関連付ができないだけなのか。
カズミだけどういうことかわかった模様。

しかも、このにやけ方は(作戦通り)と言わんばかりの表情だ。
良太と小五郎との会議にも顔は出してたし、作戦内容は全てカズミも知っているのか?
前回のは全て演技という可能性が微レ存…?
そうなったらカズミは主演女優賞。
私は全力で手のひらを返さねばならない。


ネコ・カナ 廃村班
こちらは手紙は開くことはなかった。
ネコの手紙に書かれていたもう一つの指示は依然謎。
やはり、この手紙こそが作戦で一番重要なアイテムのようだ。


そして迎えるは夜。
双方全ての作戦が動き出すとき。

カズミは良太のもとへと向かう。

そして…

ネコは小鳥のもとへ


やはり先週私が予想した「カズミ以外は皆グル」説は間違いだったようだ。
てっきり手紙と反対の行動を取るとばかり。
これは普通にネコと小鳥は作戦を知らない展開だ。

そしてネコが山荘にやってきたとき、
小鳥がパペットマペットみたいなことして遊んでる

かわいい。
そして緊張感がない。
まさに襲撃されると思われる山荘に一人で居たのに。
そんな能天気な小鳥が、私は大好きです。


二人で談笑しているとスカジが登場。

そうですかカズミさん…そういう未来を選びましたか…

とつぶやいて去っていく。
どうやら未来改変は起こっていないらしい。
一応、「筋書き通り」に話は進んでいる。


カズミは無事良太と合流。
あと60秒で突入というところで今週は終了。


思ったより話は進んだ
もう突入のところまでいくとは思わなかった。
少しでも良太の作戦の説明があると思ってたのに!

そしてここまできて登場しない小五郎。
彼は本当に作戦を考えるだけの要員で実行はしないのだろうか。
ここでイケメン小五郎がピンチを救う展開でもいいのだけど。


ここは余裕の思考停止を見せるしかない。
もうどんな展開になるのか予想がつかない。
ネコが皆フルボッコっていう展開が一番倫タンらしいかもしれない。

良太はカズミと合流した際、
もし計画がバレていたら俺たちはとっくに殺されている 大丈夫だ
と言っている。

つまりカズミも計画に加担していたということか?
良太もなんだか自信満々だし、信じてもいいんだよね。
これから良太とカズミで何かしら動くのか?
ああもう、どう予想しても斜め上の展開が待っているとしか思えない。

何も考えず、地蔵のように来週をひたすら待つことにしよう。


超展開であることを祈って

ではまた


51話←前 次→53話







関連記事
スポンサーサイト

category: 極黒のブリュンヒルデ

thread: 漫画の感想 - janre: アニメ・コミック

tag: 極黒のブリュンヒルデ 
cm 2   tb 1   page top

コメント

天使のような魔女の笑顔

仲間の誰も知らない少女の正体。彼女自身も、己を知らない?

>前回のは全て演技という可能性が微レ存…?
>そうなったらカズミは主演女優賞。

ええ、まったくもって。確かに作戦会議に同席した以上はある程度聞き知っていて然るべき……あの時に「地図」を広げていたなら、カズミは窓の外にあるものの意味に気づけてもおかしくない。犬かもと思ってたけれど、何か目印か合図になりえる建物とか?
それでも捕まるかもしれない小鳥を一人置いて良太のもとへ行くことへの後ろめたさは本物……「失敗しても恨まない」転じて作戦成功を信じきれていない、どころか自分がそれを書き換えてしまった以上破綻していると

瑞花に干渉された(寧子カズミ小鳥のうち)誰かにあえて書き換えさせる為に手紙は用意されたとは思うのだけど、「書き換えられた後をどうするのか」がどうにも読めないのでした。天才二人、鬼才作者はどう斜め上に突き抜けてくれるのか。機体と不安と憶測と妄想と
ALORC #Y17400wE URL [2013/03/30 16:41] edit

Re: 天使のような魔女の笑顔

今回は犬が吠えてませんでしたからね。
只の倫タンの書き忘れか、何か意味のあることなのか。

もしかしたら今カズミ達がいるのは「山荘どんべえ」じゃないとか。
あの突撃部隊は「目視で確認した」と言ってますけど、人形を見せられただけの可能性も。
釣られた突撃部隊を天才小五郎が一網打尽とか見てみたいです。

mikurasu #- URL [2013/03/31 15:58] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/160-19b72ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[感想] 《運命の日/Day of Destiny》/『極黒のブリュンヒルデ』第52話

(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)「ホンマにこれで・・・良かったんやろか・・・」 《痛ましい記憶/Painful Memories》/岡本倫『極黒のブリュンヒルデ』第4巻 夕暮れナ
ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook [2013/03/30 16:17]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。