10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

極黒のブリュンヒルデ 53話「夜明け前」 感想 

さぁクライマックス

良太達のとった作戦は?
小鳥たちの運命は?


ネタバレ注意


村上を信じ、ひたすら山荘で待機する小鳥とネコ。
二人を心配するカズミ。

そんな交差する思いを突き破り、急襲部隊突撃。



翌朝――

そこには蜂の巣となった山荘どんべえの姿が…

え?二人はどうなったの?
突撃部隊もいないし。
スズメもチュンチュン鳴いてる場合じゃないよちゃんと実況しろよ。

心がモヤモヤする中、場面変わって良太たち


良太「遅いな…ネコと小鳥…まさか作戦が失敗したんじゃ…」

カズミ「なあ良太、本当のこと言ってええか?」

良太「本当のこと?ああ、そうだな名演技だったよカズミ 手紙を書き換えるところなんて最高だった」



なん…だと…

やっぱりカズミは最初から演技だったのか?
いや、でも違うっぽい
過去の作戦会議の回想がはじまる


カズミにスカジの干渉が必ず来ると読んだ良太。
おそらく、スカジに協力することになるだろうから素直に従うように指示。

おお、正解。
完全に相手を読み切っている。
たった少しのプロファイルでここまで読み解くとは超人もいいところだ。


そしてここからがキモ

スカジが現れても相談はせず、それからは自分一人で考えて行動すること

スカジと関わったことを相談すれば、協力していないことがバレる。
ずっとスカジに協力しているフリをしろということ。
良太たちはカズミに一切関与しない。
カズミを信じて全てを委ねたのだ。



つまり、カズミが小鳥やネコの手紙を書き換えたのも、「死にたくない」という葛藤ではなく「良太を信じた」結果からだったようだ。

妙に「これでいいのか」と悩んでいたのはこれの為か。
最初から作戦を知っていれば悩むことないのに。
「あれ?カズミは良太の作戦を知らないのか?」と思わせる見事なミスリード。
良太はいわゆる「スカジ視点」の我々読者を見事に欺いてくれた。


そしてさらに簡単な暗号を設定

スカジとの接触があれば「今日は風邪気味で調子悪い」と言う
どうにもならないと感じたら「お腹の調子が悪くてどうにもならない」と言う


そういえば風邪気味とか言ってたな。
良太がニヤニヤしていたのはそれか。
作戦通りに進展していることを確認して笑みがこぼれたということか。


場面戻って良太たち。

良太「まさか小鳥のやつ…窓の外に繋いだ犬と入れ替わる作戦に気がつかなかったのか?」


なーる。
外で吠えてた犬は当然ここで関わってきた。

でも「犬と入れ替わって逃げろ」って相当無茶だな。
外にも部隊が待機してるかもしれないし、無事に逃げれるかわからないし。

逃げたところをスカジに予知されたらどうするつもりだったんだ。

そしたら「カズミが死ぬ予知」が「ネコが死ぬ予知」に変わり、良太がまた作戦変更。
誰かが死ななくなるまで繰り返すつもりだったのだろうか。
今回は偶然にも一回で成功したからよかったものの。
スカジの寿命も尽きかけてたし、完全に運任せの作戦にしかみえないのは気のせいか

そして小鳥の能力は人間じゃなくても有効なんだ。
触れてたりしたら他の人も一緒に入れ替わったりできるっぽい。
ネコの手紙には「ピンチになったら仲間と手をつなげ」とでも書いてあったと予想。

山荘で犬を見たカズミはネコの手紙の意味と作戦を理解し、ニヤけたという寸法だろう。
結構あっさりと山荘を後にしたのもうなずける。


良太が小鳥に言ってた「試したいこと」もこれだろう。
二人でも入れ替わりができるのか。
人間じゃなくても入れ替わりができるのか。

うん、確かめるの遅すぎだ

小鳥が「えーそんなこと出来るわけないじゃないですかーwwwやだーwww」とか言ったらもう大変。

どうあがいても確実にネコはご臨終だ。
まぁまだ私の予想だから、実際はどんな実験をしたかは不明である。


すると、


ネコ、小鳥、無事帰還

よかったあああああああ


倫タンだから死んでも文句は言えなかった。
何が起こったかよくわからないがちゃんと帰ってきた!

けれど、次のページで首が飛んでデデドン!(絶望)という可能性もあるから油断はできない。
とりあえず今週は皆生還のハッピーエンド。
来週は保証しない。



まだまだ謎が残るスカジ編。
そういえば小五郎は何をしたんだ?
犬を用意したくらいかな。
裏でこそこそと動いてくれたんだろう。

実際にどんな感じに逃げ出したのか
ネコの手紙の内容
組織のこれから


思い出した。
これで失敗したら長髪と九はクビだったんだ。
上からの命令で長髪と九の濃厚なプレイが行われると思うと胸熱。
腐女子土屋大歓喜ですな。



今のところ皆無事で一安心。
カズミも裏切ってなくてなによりだ。
手のひらを返しすぎて私の手首はすでにボロボロだ。


密かに倫たん的展開を期待して


ではまた



関連記事
←前 次→54話





関連記事
スポンサーサイト

category: 極黒のブリュンヒルデ

thread: 漫画の感想 - janre: アニメ・コミック

tag: 極黒のブリュンヒルデ 
cm 2   tb 1   page top

コメント

キング・クリムゾン

良太はカズミを信じ、カズミは良太の作戦と寧子と小鳥を信じ、寧子と小鳥は良太を信じ……最終的には分の悪げな出たとこ勝負ながら、うまいこと運んだという「結果」だけが残った! のかなと

といいますか、前回感想で「作戦内容は全てカズミも知らされてた」はドStrikeじゃないですか! それにしたって会議以降のカズミが全部演技とは思いませなんだが。まさに主演女優賞

>「スカジ視点」の我々読者を見事に欺いてくれた
ええまったく。小鳥が1107番、という長期伏線のこともあるけれど……敵味方両側を行き来する読者視点が情報アドを持っているという先入観の裏をかかれた想い。清々しいほどに

しかしこれ以上の、このタイミングからの倫たんドS展開は……平に……平に……(切実) 安心を知りたい……
ALORC #Y.RLEoj6 URL [2013/04/05 23:16] edit

Re: キング・クリムゾン

良太がもう強すぎて敗北を知りたい状態に。
そろそろ不意をつかれて良太が自信喪失する展開も期待したい。

組織が無能すぎるのが問題か…
mikurasu #- URL [2013/04/06 09:01] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/164-5147f5e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[感想]《全ての太陽の夜明け/All Suns’ Dawn》/『極黒のブリュンヒルデ』第53話

(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)「もうすぐ 2時か・・・」「……」「1日なんてあっという間でしたね・・・もうそろそろ2時ですけど・・・私たち大丈夫でしょ
ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook [2013/04/05 22:59]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。