09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

なにかもちがってますか 21話「ぼ・ぼんくらは少年探偵団」感想 




殺人事件の容疑者を追うニコ一行…。
果たしてたどり着けるのか?

ネタバレ注意



さて、開口一番に言う事ではないが
また物語が進まない

今回も一社くんのスピーチがかなりページを圧迫した感じだ。
言ってることはごもっともで感心するんだけど、話を進めて欲しい…。


しばらく息の詰まる展開が続いたためか、少しギャグ描写もあった。


~桜山の家の中~

桜山「あまり変なことは考えないでね」

ニコ「かっ考えるわけ無いでしょっ」

桜山「違うよ そういう意味じゃないよ」

ニコ「考えてないわよ そんなこと//」

桜山「そんなことって 具体的に何?」



いいぞ、もっとやれ
まさかあの実直な桜山からセクハラ発言が出るとは思わなかった。
追い詰められて赤面するニコもかわいい。


そしてニコ、一社、光の三人で作戦会議。
どうやって犯人を追うかの話になり…


一社くんは自転車に乗れないことが判明した

なんだかよくわからないが萌え要素ばかり追加されていく彼。
言ってることと実力が伴っていない恥ずかしい人になりつつある。


そんな彼が例の如く持論を展開していく。

一社「人間の刑罰判定には 点数制を導入するべきだと思うんだ」

ニコ「はあ?また突然何?」


またいきなり変なことを言い出した一社くんに呆れ顔。
光はもう飽きたのか反応すらしなくなった。
立派な一社くんのペットになりつつある。


一社くんの持論は簡単にまとめるとこんな感じ。


今の刑罰システムにはプレッシャーが無く、生きていくうえで困難というわけではない。
死刑になる場合を除いて、軽い犯罪をどれだけ繰り返しても命を奪われないという安心感がある。
つまり、「軽い罪なら何回も犯しても刑務所に入るだけ」と開き直る人もいるし、軽い罪に対する意識も低くなる。

そこで点数制。
自動車の減点システムと同じ原理。
犯した罪の大きさによって減点していき、0点になれば死刑にする。

これなら再犯率も減るだろうし、軽い罪でも簡単には犯せなくなる。
罪に対する意識を向上させようというアイデアだ。



ふむ、確かにこれは私も考えたことのあるお話。
一社くんとこんなところで意見が合うとは何か複雑な気持ちである。

机上論の域を出ないが、実際やってみたらどうなるのかかなり興味のある考えだ。



自分の意見を存分に発表している一社君は実践では役立たずなので、ニコと光が犯人討伐に向かう。
自転車の移動だけで見つかるかなぁと思いきや、

ニコ「この辺りで生活してる」


おお、早いな。
もう犯人の本拠地を特定したようだ。
記憶を読めるのってやっぱり便利。
このまま隠密行動やで…




ossann.jpg

なんか変なおっさんが見てる!?


ニコがカバンに証拠の人形を入れてたせいで犯人らしき人に気付かれた模様。
そんなことは露知らず、ニコ達は犯人のものと思しき家に踏み込んでいく。

犯人はどう動く…?


どう動いたところで、結果は二ヶ月後。
なんかいい人っぽいけど、どうなんだろ。
次回こそ…次回こそ大きな動きがあるはず!
一社くんいないし。


前から言ってるけど、やっぱりバトルは無さそう。
このまま犯人降伏だと予想する。
まぁこの人が犯人かどうかはわからないけど。


一社くんの幸福を祈って


ではまた



関連記事
20話←前 次→22話



なにかもちがってますか(3) (アフタヌーンKC)
のりりん(6) (イブニングKC)
鬼頭莫宏短編集 残暑 (IKKI COMICS)
関連記事
スポンサーサイト

category: なにかもちがってますか

thread: 漫画の感想 - janre: アニメ・コミック

tag: 鬼頭莫宏  なにもち本編 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/182-fb2aaca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。