10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

極黒のブリュンヒルデ 58話「知らない声」感想 

全巻重版!!
と毎週のように書かれていて嬉しい。
6月に発売する新刊に合わせて重版するようだ。

一応ヤンジャンではそこそこ売れてる方なんだから、VOMIC化くらいはして欲しいなぁ…。

まぁ、いつのもようにネタバレ注意



海からの帰り道。
電車の中で皆好きに休息する。

口を開けて眠ってるカズミが可愛すぎて仕方ない
大天使やろちくしょう。
数分間カズミ見つめてたわ。

そんな美女達を前に良太は

結局またおっぱいポロリの時にほくろを確認するの忘れた…


あ、一応覚えてたんだ。
なんにも気にしてないから忘れてるかと思ってた。
けど、何どもチャンスはあるだろうから、頑張れ良太。


ネコ「村上君 ありがとう」

ネコ「私またいつか…こうしてみんなで遊びに行きたい」

良太「必ずまた行こう」



もうね、やめようよ。
こんなにフラグを乱立させて何をしたいんだい?
我々読者のSAN値を現象させてカオスにしようとしてるのか?ふむそうか、ならいいや。


良太はこのネコの言葉を機に、端末に連絡することを決意する。
前回電源を入れたアキバに近い上野駅へわざわざ向かい、端末を起動させる良太。
家庭教師をしているとはいえこの経済力は凄い。
小五郎から何かしら援助してもらっているのだろうか。
援助というと響きが悪いが。


さて、ここから良太と端末の相手との会話をほぼノーカットでお楽しみください。


良太「もしもし?」

端末「Wer sind Sie?」

良太(日本語じゃない!ドイツ語か!?しまった…カズミを連れてくるべきだった…)

端末「Das ist Japanisch Geh du ans Telefon」

女「茜?茜なの!!今まで一体何をしていたのよ!?シリンダーはどうしたの!?」

良太(女?)

良太「ぼくはアカネじゃない」

女「あなた誰?一体どうしてこの回線を…?」

良太「この端末を託されたんだ 魔法使いから」

女「まさか…あなたなのね!?工場から鎮死剤を奪って魔女たちを延命させてるのは!?」

女「なんてことをしてくれたのあなたは!?鎮死剤は外の世界で魔女が長く生存できなくするためのセイフティネットなのよ!!なのにあなたはそれは破ってしまった!鎮死剤を奪い魔女を囲い込むなんて…」

女「1107番は生きているの?」

良太「1107番?」

女「鷹鳥小鳥よ!!…生きているのね?だからヴァルキュリアまで動き始めたんだ…今すぐ魔女を全員殺しなさい!」

女「早くしないと彼女たちのドラシルが孵卵する!!そうなったら大変なことになるの!!人が滅びるのよ!?」

女「これからそっちへ行く!!そこを動かないで!!」



せっかく繋がったと思ったらかなりご怒りの模様。
しかも魔女を殺せと仰る。
当然良太は憤慨してその場から逃げ出す…。

うーむ、気になるポイントは

・シリンダー
・外の世界で
・ヴァルキュリア
・ドラシルが孵卵
・人が滅びる


外の世界でっていうのが気になる。
ただ単に魔女が外の世界で生きてもらうと困るってわけじゃないだろうし。

ドラシルが孵卵するということも。
聞いた限りドラシルとやらが孵卵すると大惨事になる模様。
「生きていると孵卵する」のなら、研究所にいる魔女まで殺さないといけない。
つまり、「研究所以外の場所で生活していると孵卵する」ということか?
研究所にはドラシル孵卵の抑制装置的なものでもあるのだろうか。



端末の先にいたのは影しか映らないが、工場跡地のような場所にいる三人組。
真ん中の男は長髪に見えなくもない。
ヴァルキュリアが動いたことに動揺している模様。

ヴァルキュリアは、この作品に何度も名前だけ登場しているキャラ。
AAAランクより上のSランク魔女であり、何度も人類を滅ぼす力を持つと言われるチート野郎
あまりに強すぎて制御出来ないと言われていたが、今回の一件でついに動き出したようだ。
まぁ、ナナミやスカジをもってしてもダメだったんだから当然か。
それだけ小鳥が野放しにされているとやばいということ。



一方、ヴィンガルフ。
ヴァルキュリアを使ったと事後報告する九。

いや、あんたまだいたのか
長髪と一緒に処分されたと思ってたぞ。
これだけ失敗を繰り返しても作戦の指揮を取れるとはご偉い身分だな。

ヴァルキュリア解放に際し、A、AAランクの防御・制圧系の魔法を持つ魔女7人の監視をつけたという。
AAランクとかは掃いて捨てるほどいるのだろうか。
最近組織側の魔女が不憫でならん。



そしてついに―――


ヴァルキュリア登場!!

髪の毛の白いネコという感じ。
っていうかネコだろこいつ。

本気でクローンかなにかかもしれんな。
こっちがオリジナルということも十分考えられる。


ヴァルキュリア「は~…久しぶりの外だ なんと清々しい」

ヴァルキュリア「久々にネコと会えるわ 超楽しみ」

ヴァルキュリア「みんなもそう思うよね?」



くるり



以下




首が跳び体が引きちぎれた血みどろの魔女達


ヴァルキュリア「あっ…いっけない みんな殺しちゃったんだった…」



おお…
なんてこったい。

九が「大丈夫です」なんて言ってたから心配していた。
でも、皆殺しとは思わなんだ。


死体を見た限りだとネコのような破壊系の魔法か。
ネコに会いたがっているようだし、クローンだとか姉妹説はあながち間違いじゃないかもしれない。


そして、

どんどん露呈する組織の無能さ

なんで魔女の見張りしかつけていないんだ!
人間の見張りが絶対に必要だろう、ナナミのときみたいに。

AAランクという強魔女がヴァルキュリアと手を組んで立ち向かってきたらどうする気だったんだ…。
絶対に組織の言うことを聞く従順な魔女達だったとしても、そいつらだけで小鳥捕獲に向かわせれば良かったのでは。

ああ、またしても貴重な魔女たちが殺されてしまった。
これでヴァルキュリアはフリー状態。
ネコ達には会いに来るだろうけど、襲いかかってくるとは思えない。
次号はナナミの時のようにフリーダムなヴァルキュリアを見物かな…。


かなり話が動いた回
再び謎がバラまかれ大きく風呂敷を広げていった。
そして登場→即死という黄金の方程式も久しぶりに拝めた。
個人的に大満足である。


今度こそ、小五郎が大きく関わってくると信じてます!


ネコたちの安穏を祈って

ではまた


関連記事
57話←前 次→59話


極黒のブリュンヒルデ 5 (ヤングジャンプコミックス)
関連記事
スポンサーサイト

category: 極黒のブリュンヒルデ

thread: 極黒のブリュンヒルデ - janre: アニメ・コミック

tag: 極黒のブリュンヒルデ 
cm 4   tb 1   page top

コメント

思惑が交錯しまくりな予感

魔女を死なせまいとする良太、魔女を生かすまいとする魔女狩り
大願を果たそうとする高千穂(丸眼鏡)、それを妨害してるとしか見えない九
性格が読めなければ目的も不鮮明なヴァルキュリア嬢に最早枷は無く
ハーネストの中の人にナニカサレタ疑いのある小五郎さんも如何に動くか

設定面も掘り下げつつより混迷度合を高め、先週までの平穏加減を吹っ飛ばす血みどろ加減が実に極黒クオリティーですね……

はたしてヴァルキュリアの自由行動は……奈波的な満喫と寧子に通じるボケ具合があわさり笑える展開か、ふとした拍子に魔法が発動して笑えない惨劇となるや否や。切実に、前者で?

あとはカズミ……彼女が望む良太との「子供」は……瑞花は「産める」って言ってたけど、あがががが
ALORC #pxKePtJU URL [2013/05/19 21:56] edit

ヤクトヘッセンも、ガミガミ言うだけで、説明もダメだ。

小五郎さんの立場で考えてみよう。
脱走魔女4人と部長、5人の天文部員より、
6人目の小五郎さんが持っている情報が少ない。
どうすれば良いか、何が正しいか、整合性で考えよう。

ヴィンガルフがヴィンガルフの都合だけで動き、
天文部側の都合はお構い無し、ついでに説明も無し。
世界が滅亡するにしては、手の込んだ事をするヴィンガルフ。
つまりヴィンガルフの予定がうまくいくと世界は滅亡しない。
失敗すれば困る『危ない橋』を渡ることはあっても。

何が何でも組織の邪魔をして、小鳥ちゃんを逃がし続けても、
どういう結果になるか、天文部側は全く知らない。
小鳥ちゃんを差し出せば他の(脱走魔女3人含む)
全員の生存がしやすい事は分かるだろうが。
小五郎さんは、小鳥ちゃんが『高潔の士』と知らない。


ヤクトヘッセンも、ガミガミ言うだけで、説明もダメだ。
良太は『ダメ線』潰したのは良い。
味方への情報を与えないリスクは惜しかったが、
結果的には、敵への情報を与えない点が良かった。
鎮死剤から #- URL [2013/05/21 02:43] edit

Re: 思惑が交錯しまくりな予感

もう九はわざと失敗しているようにしか思えませんね。
それはそれでどんな思惑があるかは分かりませんが。

>あとはカズミ……彼女が望む良太との「子供」は
カズミは水着回から出番が激減して不穏な空気。
ヴァルキュリアの餌食になるのか…。
mikurasu #- URL [2013/05/22 20:37] edit

Re: ヤクトヘッセンも、ガミガミ言うだけで、説明もダメだ。

今の状態で敵(?)に素性を知られていないのは小五郎のみ。
彼の動き次第で状況は大きく変わることでしょう。

今回、良太も小鳥がキーパーソンだと確信できた。
だが、端末の向こうの相手は「悪い奴」と決め付けてかかってしまっている。
もっと良太が柔軟な対応を取ってくれれば少しはいい方に傾くかも…。
mikurasu #- URL [2013/05/22 20:42] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/186-dfb6b51f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[感想]《アダーカーの戦乙女/Adarkar Valkyrie》/『極黒のブリュンヒルデ』第58話

(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)ろくでもない三 つ 巴(カオス) の 悪 寒 《痛ましい記憶/Painful Memories》/岡本倫『極黒のブリュンヒルデ』第4巻 極黒のブリュ
ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook [2013/05/19 23:54]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。