07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

「テラフォーマーズ」5巻 感想 



225万部突破!!
単純計算で単巻45万部の大ヒット中。
アニメ化すれば進撃の巨人のようにさらに伸びるかもしれない。

ただ、とある情報によると「テラフォーマーズ」の読者の男女比率は98:2らしい
圧倒的な男性支持率。
ゴキブリだということで気持ち悪がって触れようともしない人も多いようだ。


そんなこともあり、なんとゴキブリ達がゆるキャラ化!
単行本に付いてくる応募券を送ることで、抽選で計1000名に「てらほくん」グッズが送られる。
obi.jpg

ゆる…キャラ…?
まぁ、深く突っ込まないでおこう。
プレゼントは
「てらほくん反射板キーホルダー」500名
「能力別てらほくんマグネットフォトフレーム」500名

の二種類。

てらほくんて…。
流行らないし流行らせない。

応募締め切りは6月末。
焦らず、帯は捨てずにとっておこう。


さて、ここからが本編。
ネタバレ注意だ


5巻は表紙のかっこよすぎて濡れてしまうアドルフさん率いるドイツ班が大活躍。

まず先陣を切るのはイザベラ。
褐色のボーイッシュなブラジル人だ。
私もなんとなくかわいいなと気になっていた。

彼女の能力は「リオック
マーズランキング13位の強者だ。

リオックといえば、昆虫異種格闘戦での人気の虫。
獰猛な性格と美しいフォルムから、かなり人気の高いコオロギ。
私も「虫王」という虫の格闘ビデオでリオックの活躍に感激し、心奪われたものだ。
イザベラにもティンのような活躍を期待したい。


リオック

知ってた


あーはいはい、リオックが瞬殺ですか。
私の憧れをこうも粉砕されると怒りがこみ上げてくる。
そしてイザベラ…合掌。


電気ウナギの能力を持つアドルフが孤軍奮闘するも、人海戦術でせめてくるゴキブリどもに包囲される。
さらにこいつらはどういう訳か網も持っていて捕獲してくるのだから恐ろしい。
アドルフも瀕死、ドイツ班はほとんど捕獲されるが…


「悔しい…悔しいよなぁ…お前ら」

「待ってろ…今助ける…!!」




「退け」
あどるふ
アドルフ・ラインハルト
-デンキウナギ-
「マーズランキング」2位



かっけええええ。
これぞテラフォーマーズ。
王道の熱い展開が我々を燃えさせてくれる。

そして貫禄のマーズランキング2位。
電気使いとかチート臭いけどまだ上がいるのか。
第六班の隊長、ジョセフが1位臭い。


電撃、落雷で次々にテラフォーマーを撃破。
まさに無双。
テラフォーマーズ無双が出ればアドルフさんに熱狂するファンが多数出るのは間違いない。
気持ちがいい。


これで一安心や―――

あどるふさーん

うわあああああああああ

漢、アドルフ、皆を護るも体力の限界。
銃弾なら電気で軌道を変えられるものの、投石は無理だった。
最期はエヴァを護るかたちで死んでいった。

最後までほんまもんの男やった…。
でも死ぬの早すぎるよ!
もっと活躍を見たかった。
ホントに惜しまれる死だ。


そして

アドルフの死により、「ゴキブリに技術を奪われないため」の爆弾が起動


ドイツ班、全滅


うぅ、あまりにも悲しい結末。
このゴキブリどもを憎む。
「てらほくん」なんて作ってる場合じゃないよ、テラフォーマーサンドバックでも作ろうよ!
まぁ、アドルフの能力がゴキブリに盗まれないで良かった。
ご冥福をお祈りします。


一方、小吉、マルコス達日米合同第1班。

ゴリラみたいなゴキブリや白い毛に覆われたゴキブリと遭遇する。
きめえ
うわきめえ


どうやら白いのは「蜘蛛糸蚕蛾」の能力、
ゴリラみたいのは「クロカタゾウムシ」の能力

いずれも「バグズ2号」の乗組員の能力を転用したようだ。
蚕蛾は奈々ちゃんの能力。
小吉は憤慨している。

そういえばクロカタゾウムシとかいたな。
防御系の能力者はすべからく瞬殺されていたから忘れていた。
ニジイロクワガタの能力持ってたあの人とかかわいそうだ。


そんなクロカタゾウムシ、
針が刺さらない
硬すぎて捕食されない
最も硬い昆虫

などなど、なかなかの能力の持ち主。


日米合同第1班

■蚕蛾テラフォーマーvs小吉
奈々ちゃんの能力を持つ敵と対峙。
因縁を晴らすことができるのか。


■クロカタゾウムシテラフォーマーvs鬼塚慶次
一時はマルコスも戦っていたが、投石から味方を守る為一時戦線離脱。
なにやらパンチ系の能力を持つ慶次が戦いに挑む。

■マルコス
第1班の非戦闘員へ投石による攻撃が加えられたことにより、護衛に徹する。
持ち前の足と野球術で防ぎ続ける。


マルコスが守り、周りのテラフォーマーに攻撃を仕掛けるのは…


とりさん
三条加奈子
-ハリオアマツバメ-
マーズランキング15位



鳥類型、女性で久々に活躍するキャラクターktkr
ハリオアマツバメの最高飛行速度は350km
このスピードで人間が飛び、突撃なんてしたらひとたまりもない。

ただ単純な、体当たりで加奈子は攻撃を仕掛ける。
無論バラバラになるゴキブリ達。
いいぞ、もっとやれ。


いずれも苦戦が続く第1班
小吉、慶次の勝負の行方は?

次巻


うむ、完全なアドルフ巻。
とにかくアドルフさんの活躍と死に際に一喜一憂する。
1班が本格的に動くのは次巻からなので、動きがスローペースなのは仕方ない。

加奈子の能力を拝めただけで満足としよう。



6巻は8月発売。
表紙はおそらくマルコス。

本命:マルコス
対抗:慶次
穴:アレックス
大穴:ジョセフ

といったところか。


6巻はテラフォーマーフルボッコに期待。
アドルフさんが無双しただけで基本やられっぱなしだったから胸糞悪い。
いつものように熱い展開で片付けてくれ。


なんか奇跡が起こってアドルフさんが復活することを祈って

ではまた


関連記事
「テラフォーマーズ」6巻 感想
「テラフォーマーズ」に出てきそうな能力や順位を予想してみた
「テラフォーマーズ」4巻 感想



テラフォーマーズ 5 (ヤングジャンプコミックス)
テラフォーマーズ コミック 1-4巻セット (ヤングジャンプコミックス)
このマンガがすごい! 2013
関連記事
スポンサーサイト

category: テラフォーマーズ

thread: 漫画の感想 - janre: アニメ・コミック

tag: テラフォーマーズ 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/187-adb325e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。