05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

極黒のブリュンヒルデ 60話「全人類の中で一番」感想 

やってきたヴァルキュリア
もう勝てません。降参です。

果たしてどのようにミンチにされるのか。
ネタバレ注意



いきなりの登場に戸惑うメンバー。
良太はネコにそっくりだという印象を受ける。

良かった、本当にそっくりなんだな。
倫タンが書き分け出来てないという訳ではなかった。



開口一番

ヴァルキュリア「私のこと…もう赦してくれた?」

ネコ「あなた誰…?」



おっとネコさん、知り合いの顔すら忘れるとは冷酷な。
まさかヴァルキュリアのことまで忘れるなんて。
先週ずっと黙ってたのはその為だったのか。
何か考えてると思いきや「誰だよ…?」と心の中で問い詰めていたらしい。


自分のことを忘れられ、暴れだすかと思いきや意外と冷静。
ショックは受けたが、予想していたのかあまり驚きは無い。
それでも、鎮死剤をよこさないとネコ意外を殺すと脅す。
すると男前のネコさんが一喝。


ネコ「帰って」

ヴァルキュリア「私よりも こいつらの方が大事だってこと?」

ネコ「簡単に人を殺す人は嫌い 許さない」

ヴァルキュリア「ははっ!よくそんなこと言えたもんね ネコ あなた今まで…」

カナ「言うな!!」




おっと…?
これは意味深な発言。
文中から察するに、ネコは昔は人を殺していたということか。

さて、短い短いしょっぼい考察タイムの始まり
パチパチパチ

まぁ、事情を知っているのはヴァルキュリアとカナの二人。
ネコは当事者だけど忘れてるか、認知していないのか。

なにはともわれ、私は先週提唱した「ピッコロと神様説」を推すことにする。
ドラゴンボールを読んだことがある方は知っていると思うが、知らない人の為に簡単な説明。

とにかく悪い奴のピッコロ。
いい人の神様。
元々二人は同一人物で、神様が神になる時に邪悪な心を排除した。それがピッコロ。

ここで言うと神様がネコ。ピッコロがヴァルキュリア。
二人は同じ存在だったが、何らかの理由で分離したと予想する。


話は遡り、一話冒頭。

良太「お前がいるから…こんなことになったんだ…お前さえいなければ…」

この言葉を契機に魔法かなんかで二人は分離。
今現在は2周目のループ世界。

この時間軸の移動に関わっているのがカナ。
ネコが分かれたり時間が戻ったりした反動で動けない。
または動いたら元の世界に戻ってしまう。

カナの予知は、別の世界や時間軸のことを思い出したり感じ取って実現させている。


などなどと妄想を膨らませる。
クロネコの事や小鳥の事は知りません。

いや、クロネコ=1周目(1話冒頭)のネコなのかな。
わかんね。


本筋に戻ろう。

結局、ヴァルキュリアは「お薬はほかの脱走者に貰う」と言って一瞬で消える。
「お薬」って言い方かわいいな
いやいや、問題は「他の脱走者」だ。
まだ生きてたのか?
キカコ襲撃や鎮死剤の問題があるのに、どうやって生き延びたんだ。
鎮死剤の謎を解いたとか?
是非お目に掛かりたいものだ。


と思いきや場面転換。


「初菜ちゃん」と呼ばれる魔法使いらしき少女が友達と二人で歩いている。
サイドテールでやる気の無さそうな目。もちろんかわいい。
「やれやれ系」な人物であることは間違いなさそうだ。

友達が「全人類の中で一番の友達だよ!」と死亡フラグを立てる中、無慈悲なヴァルキュリア先生が登場。


ヴァルキュリア「お薬はどこ?」

ヴァルキュリア「わざわざ天文台まで行ったのに結局無駄足になったからね 仕方ないからあんたから貰う」

初菜ちゃん「冗談じゃないわ 薬がなくなったらどっちにしろ死ぬのよ 死んだってあんたになんか渡さない」

ヴァルキュリア「言わないならその子を殺す 嘘を言ってもその子を殺す」

初菜ちゃん「はぁ…しゃーない… 岩田荘101号室 タンスの一番上の段」



ドン


初菜ちゃん真っ二つ
せっかくかわいいキャラが出てきたと思ってたのに…。
サイドテールは好きだからもったいないキャラだった。
情が移る前に死んだのが良しと考えるべきか…。


おや?初菜ちゃんの様子が…?


初菜ちゃん「全く…痛いなぁ…」


生きとる!?
体真っ二つ。
左腕が取れた状態で体を動かし、言葉を発する。


ビュルビュルと触手のようなものが出てきて合体。

初菜ちゃん復活!初菜ちゃん復活!初菜ちゃん復活!


全人類の中で一番の友達「いやぁあ!!気持ち悪い…!!」

ダッ



いきなり殺され(かけ)、友達を失った初菜ちゃん。
なんと報われないキャラ。
そしてこの驚異的な治癒能力が魔法だと考えられる。

鎮死剤が無くてもこれで復活するのか、それとは関係なく鎮死剤を持っていたのか。
どうやって今まで見つからずに生きてきたのか興味深い。

「天文台ね…」と初菜はつぶやいてその場を後にする。


次号、天文台では何が起きる?


初菜ちゃんは天文台メンバーになりそうな予感。
友達欲しがってるみたいだし、鎮死剤についてもわかりそうだし。

でも初菜ちゃん、血まみれで服ビリビリの状態で街を歩くのはどうかと思うぞ。
私のような人間がいたら襲われてしまう。



とにかく、誰も死なずに済んだので一安心
一番平和的な解決だったかな?
依然謎は深まるばかり。


初菜ちゃんの幸福を祈って


ではまた


関連記事
59話←前 次→61話
関連記事
スポンサーサイト

category: 極黒のブリュンヒルデ

thread: 極黒のブリュンヒルデ - janre: アニメ・コミック

tag: 極黒のブリュンヒルデ 
cm 6   tb 1   page top

コメント

わがままな読者心理

とりあえず無事に済んで良かった。
…と思う反面、無事を願っておきながら 本当に何もないと
「何か起こればよかったのに」とも思っている自分がいる。

しかしあの場面で「何か」起きるとしたら、誰かがやられるって流れだろう。

「で、誰なら死んでいいの?」
そう問われたら…答えられません。誰が欠けてもイヤだ。

結局、どうなれば私は満足したんだろう。

…自分のワガママぶりを思い知った1話でした。
あ #SFo5/nok URL [2013/06/01 22:54] edit

颯爽登場寧子さんはやっぱり皆の人気者

「死んで楽にはしてやらない」と言わんばかりの岡本倫のドS()覿面炸裂
あの場で全滅シナリオとか逆行開始とか事が迅速に済まず、初菜嬢にしろヴァルキュリアこと真子嬢にしろ、はたまたヘクセンヤクトなり高千穂ヴィンガルフにせよ何がどうして誰がどうなるのか全く予見しがたい(いつものこと)

もし薬の謎を独自に解いていた場合、鎮死剤目的で天文台に行く必要が無い……本当に無い? 人はパンのみに、魔女は鎮死剤のみに生きるにあらず。一見して人恋しさとは遠そうに見えて、「友人」を守る意志はあったようだし……かといって天文台メンバーと悶着なく合流できるとも思えず

>神魔分離ループ
ある意味で初菜嬢が二つにされてビュルビュル癒合した事がその暗示である伏線説(思いつき)

ただ冒頭のアレ、「あのまま死んでいれば……」と馬乗り良太の背後にも長髪の人影がいて「どっち」が「どっち」なんだ? と不確定要件なので、もしクロネコ⇒寧子真子だとしてもアレ以前に分かたれている事に? 一週目で分離して二週目でもほぼ同じ結果になって今三週目だと考えられなくもないが

あとは【予知(予知夢)】と【転時】と【転位】が原理的に近い領分にあるのではと思わなくもなく。真子も瞬間移動を持っているしまだ時間に関わる魔法を持っててもおかしくないし……その辺の特性が核心に近づく鍵となるや否や。反面真の力を忘れているとはいえ破壊することしかできない寧子、しかし間違いなく重要人物であることは確定した彼女の役割とは、何ぞや。そもそも魔女とは、とキリ無く徒然
ALORC #9rjWiv8. URL [2013/06/02 00:45] edit

きみとこうかん

きみとこうかんで見たような名前の人、記憶を読み出せないのは不便。
「手を組んで今持っている以上の鎮死剤を手に入れよう。」
そうすればよかった。
すでにあの脱走魔女は禁断のボタンを押したのかも。
鎮死剤から #- URL [2013/06/02 05:18] edit

Re: わがままな読者心理

確かに誰か死んでも盛り上がれた。
けど誰にも死んで欲しくない…。

そこはもう倫タンの力で魅せるしかない領域。
カズミが誰かを守って死んだり…カズミが良太と結ばれて死んだり…。


その気持ちは凄くわかります。
まだまだヴァルキュリアは健在。
「もう誰も死なない」とは限らない…。
mikurasu #- URL [2013/06/02 12:30] edit

Re: 颯爽登場寧子さんはやっぱり皆の人気者

初菜は単純に友達を求めて天文台に行くのか、鎮死剤を求めているのか。
もし薬の打開策を知っていたら僥倖。
能力的に敵対することも無いでしょうし、今のところ味方フラグ立ってるかな?

>ただ冒頭のアレ、「あのまま死んでいれば……」と馬乗り良太の背後にも長髪の人影がいて
単行本では見えづらいですがカラーだとくっきり見えるあいつですね。
あの時に別れたのか、三週目なのか。

「あのまま死んでいれば」の「あのまま」がいつのことか分からない。
私が考えもしなかった超展開が待ち受けているかも。


まだまだ元気なヴァルキュリアさん。
いつハングアップしてくれるのでしょうか…。
mikurasu #- URL [2013/06/02 12:38] edit

Re: きみとこうかん

> すでにあの脱走魔女は禁断のボタンを押したのかも。

ああ、禁断のボタンの存在を忘れていた。
「死ぬより非道いことになる」らしいですが、こういうのは大抵大事にはならない法則。
鎮死剤要らずの体になる…だったらどんなにいいことか。
mikurasu #- URL [2013/06/02 12:45] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/195-d0a85621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[SS紹介][感想]《残酷な蘇生/Cruel Revival》/『極黒のブリュンヒルデ』第60話

(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)全人類の中で一番の友達だよ(魔女でも友達でいてくれる?) 《痛ましい記憶/Painful Memories》/岡本倫『極黒のブリュンヒルデ』第4巻
ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook [2013/06/04 00:20]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。