07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

極黒のブリュンヒルデ 63話「繋いだ手と手」感想 



今週は巻頭カラー。
きゃりーぱみゅぱみゅに負けないくらいかわいいネコが小さく載っている。
カラー扉もネコ。
最近売り出し中の初菜やカズミに負けない存在感を放っている。
今回は残念ながら脇や足の裏を拝むことは出来なかった。

また、先週より第五巻が発売中。
おっぱいオバケの小鳥が表紙なのでわかりやすいだろう。
五巻こそオリコンランクインと意気込んでいたが、残念ながらランク外。
先週がレベルの高い週だった為だということもあるが、恐らく相当惜しい順位だったと思われる。
2万部程度売り上げていると推測できるので、ノノノノの二倍は売れている計算。
もっともっと色んな人に知ってほしいものだ。
その為にアニメ化とか…。



さて、ここから今週の感想。
ネタバレ注意

巻頭カラーで喜ぶも、依然良太と初菜はピンチのまま。
何食わぬ顔で生還してると先週は予想していたのだが、もちろん外れた。
良太の掴んでいる棒はさらにしなってるし、楽観視してて本当にすみません。

良太は「お前が俺を助けようとして嘘をついてるかも」と手を離すこと頑なに拒む。
それを聞いてさらに顔を赤らめる初菜。

ここで一つ考えてみよう。
スーパー銀河的美少年が目の前にいる。
私はこの時点ですでに惚れてしまうのだが、この少年が手を握り、命を投げてまで助けに来たらどう思う?
惚れるしかないだろう。
初菜は決してビッチでも軽い女でもなく、これは当然の結果だということを理解していただきたい。


とりあえず良太は反動をつけて初菜を足場まで投げ飛ばすことを決意。
もう棒が折れて自分が死ぬことなんか考えちゃいない。
男の中の男だ。

作戦は成功。
見事に初菜は足場に捕まることができた。


初菜「あっぶねぇ…死ぬかと思った…いや別に落ちても死なないんだけど…」

初菜「ありがとう!!キミも…」



棒が折れ、良太は転落



おーまいが…。
無敵の主人公、良太も空中に放り出されてはどうすることも出来ない。
良太、頑張った。
何人もの女の子を救ったんだ。

そう、今度は救われる番なのだ!



パキン


間一髪で小鳥と転移!
流石小鳥。ただの非常食ではなかった。
こうやっていつも能力を有効に使えればいいのに…。

一方、小鳥は叩きつけられるかと思いきや無事に着地。
どうやら小鳥の魔法で入れ替わったら運動エネルギーがリセットされれるようだ。
これはなかなか強力。
そして何かの伏線にしか思えない。

やっぱり小鳥の能力は一回使っただけでハングするほど強力なものなのか?
本人が「入れ替わり」と思ってるだけで本当は違う能力だとか…。



一方、初菜は無事に帰還。
良太に謝罪する。


初菜「ごめん 試すようなことをして本当に悪かった 本当にごめん」

小鳥「私私!私の魔法のおかげですよ!私のおかげで二人共無事だったんです!私に感謝してください!」

良太「まぁお前に言いたいことは色々あるけど…お互い生きてるから別にいいいよ」

初菜「…私、君のこと好きかも」

良太「はぁ!?」

初菜「キミ 彼女いないの?だったら私キミと付き合うわ」




えええええええええ!?

まさかこうも素直に好意を認めるとは。
素直クールというやつか。
良太争奪戦はまたまた激しくなりそうだ。


カズミ達はもちろん絶叫。
これ以上ライバルが増えたら堪らない。


そんなカズミ達を尻目に…



初菜が良太にキス

なんと大胆な!
けしからん!実にけしからんぞ!もっとやれ!

例の如くネコが暴走。
塔が破壊されて今回は終了。



とにかく、初菜ハーレム入りおめでとう。
奥手な女の子ばかり集まる場所にこんな肉食系が来たらどんな変化をするのか。
またまたラブコメチックな展開になりそうで楽しみだ。

そして今回は初菜回と巧妙に見せかけた小鳥の能力回。
大活躍なのに華麗いスルーされる小鳥に萌え。
恐らく自分でも能力を把握していないと思われるので、とんでもない力を隠しているかもしれない。
そろそろ小鳥主役ストーリーがあってもいいはず…。


初菜は「死なない」という強力な能力ながら他人の補佐は全くできない。
中途半端な時期の登場だし、死んでしまいそう…。
よく分かっていない第三のボタンを押されてしまいそうだなぁ。
結花と同じく死臭を感じてしまう。


来週からは再びヴァルキュリア視点だろうか?
いや、ヴィンガルフ視点かな。
そろそろ九所長が泣いて土下座するのを見れるはず。


初菜の幸せを祈って


ではまた



62話←前 次→64話


<関連リンク>
極黒のブリュンヒルデ-ヤングジャンプ公式サイト
FOR-NEXT-岡本倫ホームページ
極黒のブリュンヒルデ-wikipedia

<関連商品>

極黒のブリュンヒルデ 5 (ヤングジャンプコミックス)
君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)
岡本倫短編集 Flip Flap (愛蔵版コミックス)
関連記事
スポンサーサイト

category: 極黒のブリュンヒルデ

thread: 極黒のブリュンヒルデ - janre: アニメ・コミック

tag: 極黒のブリュンヒルデ 
cm 2   tb 1   page top

コメント

その為にもギャルゲエロゲー化とか……順番が逆かな。どうしてもアニメ化とじゃ波及効果が違う。でも内容的無理じゃ……とは言ってもエルフェンアニメ化したし、今期だって結構すごかったろうし……なんだったか、法案云々で自粛云々が無ければ希望はある! と思いたいですねい……極黒もっと流行れっ

他方小鳥の能力補則。実際のちのち、あるいは割と直ぐにそれを活用する機会が訪れる伏線……と思ってたら延び延び回収されず忘れかけた頃に、というのも極黒クオリティー

・機会が訪れる⇒誰であれ何であれ危機到来
・機会が訪れない⇒今しばらくラブコメ展開+α

―――どっちが胃に優しいでしょうか
ALORC #5hiobRrU URL [2013/06/30 21:56] edit

Re: タイトルなし

ギャルゲ化の発想は無かったです。
バッドエンドは皆死んじゃうんだろうなぁ。カナとかどうするんだろう。
色々妄想が出来て楽しいです。

極黒くらいならまだ規制無しでいけるはず!
話は来ててもおかしくないはずなのに、ストック溜まるまで待ってるのかな。
とにかく、もっともっと流行ってもらわないことには可能性は低いですね。
mikurasu #- URL [2013/07/01 21:30] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/212-31551e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[感想]《死の重み/Dead Weight》/『極黒のブリュンヒルデ』第63話

(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)その想い/重みを知ればこそ 《伏魔殿/Pandemonium》/岡本倫『極黒のブリュンヒルデ』第5巻 黒のノエル。 新たなる強敵。 極黒のブリ
ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook [2013/07/01 00:15]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。