07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

阿部共実「ちーちゃんはちょっと足りない」第4話、第5話 感想 



今月も豪華二本立て!!

そして、物語は大きく動き出す…。
漫画を読んでいて震えたのは久しぶり
ひたすら度肝を抜かれるだけだった。



勇気ある方は、ネタバレ注意



相変わらず中のいい三人…というわけではなく、ちょっとすれ違い。
旭には彼氏が出来てあまり遊べない。
しかも旭は海外旅行に行けるくらいお金持ち。
頭の良さも段違い。

皆恋人もいて、勉強もできる。
何もない自分への劣等感が生まれるナツ。
これは本当によく分かる。
凡人であるが故に他人と比較して自分の粗を探してしまう。
何もできない自分を嫌いになってしまう。


今までの明るい雰囲気とはうってかわって始めから暗い展開。
私もここらへんで心がざわつく。
何かが起きる予感しかしない。

そしてちーちゃんとナツの二人きりの帰り道。

kage.jpg

出てしまった阿部共実名物影語り
まさかこの作品でみることになるとは思わなかった。
私の予感は確信へと変わる。



しかし、ちーちゃんとの出会いを思い出し、今の現状を思ったナツは…

ナツ「なんか別にどうでもいっか」

ナツ「なんだかこの街もこの生活もたいして悪くないのかも」

ナツ「なんだか私たちって今一瞬だけ世界で一番美しい二人だったかも」



良かった!ナツ闇堕ち無かった!
ここで「なんで私たちだけ平凡なままなんだ!」とちーちゃんを傷つける展開だと思ってた。
現状の幸せに気付けたナツ。
今回はなにか抜けてるはずのちーちゃんに救われたかもしれない。




その夜、ナツの家の前を通ったちーちゃんは親と喧嘩しているナツの声を聞く。
ナツはちーちゃんと一緒に寄ったアクセサリーショップに売っているリボンに一目惚れ。
それを買うためのお金をせびっていたようだ。

そこまでして欲しいのかナツ…。
偶然店にいた同級生に「万引きしようぜ」とか言われてたし…本当にしちゃうフラグじゃないだろうな。
ナツはあくまでおとぼけたいい子だと信じてる。


翌朝、いつものように登校する三人。
何気ない会話で笑い合う。
せや、これが一番や。
こういう日常が幸せなんや。
「遊んでくれない旭ちゃん嫌い!」ってならないで良かった。
三人で楽しく会話していると、バスケ部が集金をしていて、現在3000円溜まっていることを耳にする。

「3000円!?」
と驚くちーちゃん。

あっ…これは…。
なんだかマズイフラグ。
流石にちょっと抜けてるちーちゃんでも…まさか…ね…。




そして無くなる3000円



旭とナツがちーちゃんを探していると教室で騒いでいた。
これは…。
あぁ
先を読みたくない。
前まで暗い展開なんて微塵も無かったのに。
予想できない怖い展開に手が震え始める。


旭「だから言っただろ あんな大声で喋ってたら取ってくださいっていってるようなもんだ」

バカ1「うるさいなぁ とかいってアンタが盗んだんじゃないの!?」

バカ2「取るわけないよ この子ん家金持ちだもん」

バカ1「へえ だから性格悪いんだ」

旭「は?」



旭!抑えてくれ!
こんなバカどもの言うことを聞くな!
ここは我慢のとき。



バカ「ねえ 取ったのって ちーちゃんなんじゃない?」




許す、旭
殴れ




旭「お前なに言ってるのかわかってんのか!」

旭「あいつはバカだけどそんなことは絶対しねえよ お前が千恵のこと盗人あつかいするんじゃねえ」



うぅ、旭。
あれほどバカにしてたちーちゃんをそこまで信頼しているとは…。
感動。
せや、これは三人の友情の物語なんや。



旭の喝によりひと段落したが…。


旭「悪い 今日は一人で帰らせてくれ」


友情を深めるどころか瓦解の危機。
旭はバカに言われた捨て台詞に傷ついているようだ。


傷つく旭を見て自分も寂しくなるナツ。
ええ友達を持った。
旭も落ち着いたらまた楽しく話し合おう。

ナツは廊下をトボトボ歩いていると、ちーちゃんと合流。
しおれていた顔にあっという間に活気が戻る。
こういう時にはちーちゃんみたいな子は必要な存在。
無条件で雰囲気が明るくなる。


なんだかいつも以上にご機嫌なちーちゃん。




ちーちゃん「これ!あげる!」






手には






3000円が…。








uwaaaa.jpg

やってしまった。
ちーちゃん、本当に盗んでしまったのか。


そして

ナツの心が、歪んでいく。



受け取るのか?
拒否するのか?

私はこのシーンを読んだとき、あまりの迫力に圧倒されて何も考えられなかった。
恐る恐る、ではなく、無我夢中で次のページをめくった。





ナツ「2人だけの秘密だよ」





次号に続く…






うわああああああああああああああああああああああああ

阿部共実が本領を発揮してしまった
これぞ阿部漫画。
実質数ヶ月、緩い話だと油断させて一気に落としてくるとは。
空灰はどっちに転ぶかわからないドキドキを楽しんでいたが、今回は完全に油断していたため衝撃が大きすぎる。
ハートフルボッコとはまさにこのこと。
平和な話じゃ無かったのか…騙された!

ちーちゃん達には悪いけど、楽しませてくれてありがとう。
最高のエンターテイナーだ。
そして怖いのは「続きがある」ということ。
空灰は一話完結だということで甘えていたかもしれない。
阿部ワールドの物語の続きを考えることは、恐ろしくて、楽しい。


これからちーちゃんは、ナツは、旭はどうなってしまうのか。
答えは三ヶ月後。長いよ。
辛くて楽しい日々がやってくる。


とりあえず、一番安心する展開は実はちーちゃんは盗んでなかったという展開。
実は前日から家で用意してたとか…親から盗んだとか…それもあかんけど。
根拠は以下
■ちーちゃんは話を聞く前からテンションがいつもと違う
■ちーちゃんなら「3000円!」と驚いたあと「ちょーだい」とか言うのでは?自分と同じ額を持っていたから驚いた?その後黙り込んだのは盗んだと勘違いされると思ったから?
■ちーちゃんが持っているのは千円札三枚。バスケ部は500円ずつ集めてるはずだからちょっと矛盾?


ちーちゃんを最大限に擁護した意見。
ちーちゃんに足りないのは罪の意識ではなく空気を読む力説。


考えられる悪い展開は…
■ナツがちーちゃんを利用して悪事に手を染める
■旭を傷つけたバスケ部のブスに仕返し(良い展開かも)
■ナツが罪の意識に耐え切れず壊れる




はぁ…。
「ちょっと足りないちーちゃん」を眺めて楽しむ漫画だと思っていた。
こんなに私の気分を憂鬱にさせてくれるとは…。

でも面白い。


とてつもなく面白い!



ついにやってきた。
心の奥は暗くなれど体は高揚感に溢れる。
掲載誌が3ヶ月に1回刊行ということがネック。
3ヶ月も心をざわつかせたまま過ごさねばならないのか。
ありがとう!



ちなみに、ちーちゃん4話5話が載っている「もっと!vol.4」はジブリ特集。
各掲載漫画もジブリネタにしたり、高畑監督のインタビューも載ったりと読み応えバッチリ。
ちーちゃんの臨場感を味わいたい人は立ち読みではなく是非購入を。
知名度低い割には有名な作家が名を連ねている。
一応少女漫画雑誌の扱いなのでご注意を。





廃刊にならないことを祈って


ではまた


2、3話←前 次→6、7話


<関連記事>
「空が灰色だから」5巻 感想
阿部共実「大好きが虫はタダシくんの」感想


<関連リンク>
阿部共実ブログ「ホモサピエンスマーケット3」
阿部共実-twitter
もっと!「ちーちゃんはちょっと足りない」一話無料試し読み
championタップ!-死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々 / 阿部共実

<関連商品>

もっと! Vol.4 2013年11月号 (増刊Eleganceイブ)
空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)
大好きが虫はタダシくんの―阿部共実作品集 (少年チャンピオン・コミックス)
関連記事
スポンサーサイト

category: ちーちゃんはちょっと足りない

thread: 漫画 - janre: アニメ・コミック

tag: 阿部共実  ちーちゃんはちょっと足りない 
cm 1   tb 0   page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2013/09/20 16:21] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/252-926748ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。