05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

有栖川有栖「マジックミラー」感想 



今日は有栖川有栖の長編、「マジックミラー」の感想を書いていきたい。
実は私は有栖川作品初挑戦となる。
新本格の代表作家ということでいつかは読んでみたいと思っていた。
私のミステリ歴がまだまだ浅いということもあるが、近くの書店に有栖川作品が全く入荷されないので手に取る機会が無かったのだ。
つい先日、この作品だけ入荷されていたので購入してきたというわけだ。

タイトルからして「双子の入れ替えトリックかな」と予想して裏の紹介文を読んでみたら本当にそのままで驚いた。
冒頭を読むとさらにそのことが強調されていたので、フーダニットよりもハウダニットに重きを置く作品だと納得してから読み始めたのは言うまでも無い。


とりあえず、簡単なあらすじを
とある湖畔で女性の他殺体が発見された
一億の生命保険料が手に入る女性の夫とその双子の弟には堅固なアリバイがあった
誰もが殺しえない状況で、捜査は難航する
そして事件から数カ月がたったある日、第二の殺人が起きてしまう
犯人が作り出した驚愕のトリックとは?



あらすじからもわかるとおり、双子の入れ替えトリックが焦点と見えるのだが、この二人には強力なアリバイがありなかなか真実が見えてこない。
いわゆる「時刻表トリック」も融合されており、より複雑な謎が待ち構えている。
ありきたりな展開や、「双子を使ったトリック」というのは見え見えなこともあり、序盤は少々だれてしまう。
登場人物も少なく華が無いためあまり物語にのめり込めないのだ。

私立探偵が登場したときは「おお、ここから物語が動き出すのか」と期待したものだが、そんなこともなく大して活躍せずに終わってしまったのでがっかりした。
もしかしたらこのまま終わってしまうのではないかとビクビクしながら読んでいた。

しかし、そんなはずもなく、第二の殺人が起きたところで物語は加速度的に面白くなっていく。
とにかく、謎、謎、謎なのだ。
登場人物たちも本格的に捜査を始めていき、物語にぐいぐい引き込まれていく。
ちなみに私も時刻表とにらめっこしながら推理していたが、全く真相は見えなかった。


そして最後に明かされる真実。
新たな時刻表トリックのお目見えである。
いざ、明かされてみると「そんな簡単なことだったのか」と呆れてしまう。
「時刻表トリック」だというのだから複雑なものを想像していた。
けれども毎度の如くこんなトリックを思い付いた犯人に脱帽。
ぐうの音もでなかった。


また、この作品が面白いのは「密室講義」ならぬ「アリバイ講義」があることだ。
巨匠たちの作品を例に挙げて、アリバイトリックの根底に迫る。
「マジックミラー」自体もアリバイトリックが使われていることもあり、これは作者からの重大なヒントだと何回も読み返した。
今度は他の作品でもこの講義を活かしていきたいものである。


序盤は期待外れだと思ってしまったけれども、読了してみれば満足感で体は満ち溢れていた。
他の有栖川作品も読んでみたい。
この作品はいつもの有栖川作品とは一風変わったものだと聞くから、今度は普段の作品で別の衝撃を味わおう。


ここからはネタバレ感想です
注意願います


ここからは物語の核心に触れる話ばかりなので、既読者のみに閲覧していただきたい。


まずは肝心の時刻表トリック。
私は飛行機を使うということは夢にも思っていなかった。
なにせこういったものを扱った作品も初挑戦だったからだ。
探偵の推理を読んで自分の重大なミスに気が付き、少し恥ずかしい思いをした。

この事件の一番のターニングポイント「博多で回収された新一の指紋付き切符」も色々と推理した。
「実は博多に行ったのはやはり健一で、切符の指紋も健一のもの」
というのが私の推理だった。
最初に健一が殺害現場に行った際に新一のふりをし、新一の指紋として健一の指紋が採取されてしまったのではないかと考えたわけだ。
双子の入れ替えは事件後にも行われたと推理した。
しかし、よくよく考えてみれば別荘から本物の新一の指紋も採取されているわけで、我ながらとんでも理論を考えてしまったと逆に感心してしまう。

自分の推理が完全に外れていると気付いた時にはもう自信を失い、思考停止状態となっていた。
「多分、今の手掛かりのままでは推理できないんだ。もっと良い材料が出てくるまで待とう」と甘い考えで読み進めてしまった。

そして巻き起こる第二の事件。
双子のどちらが殺されどちらが殺したのかが焦点となると思って推理していたのだが全くの大外れだった。
これを焦点に置いてしまえば見えるものも見えてこない。
結局、私はろくな持論を持たぬまま解決部分へ進んでしまった。
けれども四苦八苦して考えていくのは楽しかった。

空知さんが第二の事件の犯人というのは衝撃的だった。
数ページくらい前からまさかまさかと思っていたのだが、本当にそうだったとは。
私立探偵が役立たずだった以上、空知さんが探偵役だと思っていたのだ。
それがまさか私立探偵が本当に探偵役だったなんて。二重の意味で衝撃だった。
役立たずなんて言ってごめんなさい。


トリックの内容にも充分満足。
買ってきて良かったと思えた作品。
あとは近くの書店が入荷してくれるのを待つのみである。




新装版 マジックミラー (講談社文庫)
綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー(3)
関連記事
スポンサーサイト

category: ミステリー(和)感想

thread: 読書感想文 - janre: 小説・文学

tag: 有栖川有栖 
cm 1   tb 0   page top

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
#  [2012/11/27 12:59] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/27-2d57179f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。