03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ブラックラグーン #87「The Wired Red Wild Card PT.11」感想  



単行本第10集今春発売決定!!
遂に、遂に発売!9巻が発売されてから実に4年は経過している。
本当に長かった…。

決定
よく見たら「予定」って書いてるな。
作者のやる気次第では延期する可能性も大いに有り。
あまり期待せず待っておいたほうがいいかもしれない。


とにもかくにも、今月のブラックラグーンを楽しもう。
ネタバレ注意


「ところで…この間の、四兄弟のよんばん―――…」

先月、尻切れトンボに終わったセリフの続き。
先月の終わりとページが続いてても違和感無いんだよなぁ…。
この無理やり話を分けました臭。特に区切りを気にして書いてるわけでもないみたい。
単行本で読むのが一番テンポ良さそう。

閑話休題
その四番目の男について聞きたかったところだが、殺し屋さんが酔っ払って暴れだしたため一時中断。
結局内容は不明のまま終わってしまう。
この殺し屋四兄弟の末っ子(?)はかなり隠されているけど重要な人物なのだろうか。
今回の話のラスボス?
知ってるキャラクターだったり…依然わからん。


一方、「隠れ家」のレヴィ達。
フォンのこれからのことを相談中。
実はこの殺し屋から逃れるために入った「隠れ家」は、殺し屋が暴れている酒屋の裏部屋だったり…。
世界って狭いね!

ロックはとりあえず現状確認。
八方塞がりなことを改めて理解する。
とにかく、今までの成り行きを整理して、どこか抜け道を探すことを提案する。

~事の顛末~

フォンは中国人民解放軍の兵士として、ジェーンの所属する「偽札クラブ」に近づき、電子技術を盗み取る工作任務に就く

フォンが工作員だと気付いたジェーン、フォンを罠に嵌めることにする

ジェーンはフォンに、「ある会社」を踏み台にして、ドイツのアビオニクス企業に侵入してデータを盗む仕事を命じる

「ある会社」とは、実は人民解放軍のフロント企業である「アーネンハイム流通」だった

ジェーンはフォンのハッキングを監視、証拠をドイツの企業に送りつける

元から人民解放軍を疑っていた企業、「アーネンハイム流通」からのハッキングを受け、人民解放軍による攻撃と判断

ドイツ企業「金銭的賠償に応じるなら黙っておいてやるよ、国際問題に発展しかねないしなぁ」

解放軍「ヤバイ。事態を収束させるには、『アーネンハイム流通』と『解放軍』の関係は『無い』ことにして、ハッキングをかけた者も始末せねばならない」

フォンの命が狙われる←今ここ



うん、フォンが死なないと国同士で争いが起きちゃうね。
ロアナプラに散ってくれ

…とも言ってられず、なんとか救う方法を考えねばならない。
殺し屋なんて殺しても湧いて出てくるし、元のほうを断たねば意味がない。
かといって解放軍はでかすぎるし、企業の方に接触するのかしら。
同時間軸で動いているイタリアマフィアも絡んできそうで、今のところはなんとも言えない。


状況を確認するため、ロックは再びフォンにアーネンハイムに忍び込むよう命じる。
ジェーン達の仕事はもう終わっているので監視を警戒する必要はないとのこと。



そして再ハッキングにあたり、
フォン

まさかのイメチェン


フォン

誰だお前は!?
ストリップのねーちゃんに魔改造された模様。
意外とおっぱいあるのね。
でもおじさんは黒髪の方が好きよ。

でもロアナプラは露出が多いほどモテるようなので声をかけまくられるフォン。
レヴィが珍しくコミカルに怒る
レヴィ
再開してから挙動が本当に可愛くなってんなぁ…。

フォンにロックを取られちゃダメだもんね、頑張れ。


一方、ロックたちが動くネットカフェの向こうで、新たな刺客が動き出すのであった…。
連絡
「対象と思わしき人物を発見した」


まーた襲われちゃうのか。
人気者ですな。


そろそろ本格的に動き出すというところで、今回は終了。
相変わらずキレの悪いところで終わる。


そして悲報――



「単行本作業のため、少しの間休載します」



おおおおおおおおおおおおい!!!

隔月連載なんだからまだ余裕あるだろ!
まぁ、単行本でオマケ漫画いっぱい描いてくれることを期待してる。


連載再開は単行本発売と同時になるかな。



早く発売されることを祈って



ではまた


#86←前 次→?



◆拍手コメ返◆
>totoさん
お褒めの言葉ありがとうございます。
ブリュンヒルデも、ちーちゃんも、感想書いている漫画は文句なしにオススメです。
これからも共に、もっと面白い漫画に出会って行きましょう。





BLACK LAGOON ORIGINAL SOUND TRACK
バラージ―広江礼威アートワーク集
BLACK LAGOON Blu-ray BOX (初回限定版)
関連記事
スポンサーサイト

category: ブラック・ラグーン

thread: 漫画 - janre: アニメ・コミック

cm 2   tb 0   page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2014/01/23 00:13] edit

Re: 相互リンクのお願い

了解しました。
これからもよろしくお願いします。
mikurasu #- URL [2014/01/23 23:25] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/304-1907b3c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。