05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

アガサ・クリスティー「葬儀を終えて」感想 



クリスティー後期の作品の中でも一段と評価の高い「葬儀を終えて」
ポアロものの中で一番の傑作と推すファンも多い。

まずは簡単なあらすじを
「リチャードは殺されたんじゃなかったの?」
葬儀を終えたあと、遺言公開の席で妹が口にしたこの言葉。
その一言がきっかけで、家族の間に不穏な空気が流れ始める。
そしてその翌日、その妹は死体となって発見された。
この事件はどうやって繋がっていくのか?ポアロが導き出す答えとは。



遺言状の公開の時ほどミステリファンを興奮させるものは無いだろう。
実際は殺されたのではないか?
ここからどのような殺人が起きるのか?
と、うきうきして読んでいくに違いない。
この作品もその例に漏れず、私たちを楽しませてくれる。

「葬儀を終えて」は、登場人物の相関が複雑。
誰が誰の娘で誰の親だったのか、少し覚えるのに戸惑ってしまうかもしれない。
実際、私も登場人物紹介と家系図を何度も読み直した。
しかし、そこをうまく描き分けるのがクリスティー。
多くの登場人物を個性的に、特徴のある人に書きあげてくれている。


肝心の我らが探偵、ポアロはあまり出番が無い。
あくまでこの一族の物語で、ポアロは脇役にすぎない。
ポアロの活躍を期待する方には物足りなく感じてしまうかも。
際立った捜査はせず、事実と会話をもとに犯人を突き止める。
さながら安楽椅子探偵のようだった。


しかし、その分新しい謎が次から次へと出てくるわけでなく、あくまで一本道。
延々と続く会話シーンや日常描写に飽きてしまう人もいるだろう。
魅力的なキャラクターがそれを補ってくれるのだが、常に単調なこの作品は刺激を求める人には合わないと言っておこう。


肝心のトリックはお見事。
またもやアガサ女史のミス・ディレクションに引っかかってしまった。
まともな推理もできなかったなぁ…反省。

うーん、また騙された。
このブログでは過去に二回クリスティの作品の感想を書いているのだが、同じことしか言えない。「やられた」と。
しっかりと伏線を張られているのだが、全く気付きもしなかった。
この作品の犯人を当てられる人はそうそういないだろう。
それほど難解な事件だ。
われこそはという人は挑んでいただきたい。


ここからはネタバレ感想です
注意願います


最初の殺人…は行われていなかった。
まさか本当にただの病死だったとは思わなかった。
ある意味ミステリーの掟を破っているともいえる。
リチャードの死とコーラの死は関連あるものだと思っていた。
完全なミス・ディレクションである。

しかも葬儀の後のコーラは変装した犯人だったとかね。
わかるわけないよ。
まだ事件が起きる前なんだし夢にも思っていない。
と、言い訳はよそう。


前述の通り私は全く推理をさせてもらえなかった。
何がヒントすらも分からなかったありさまだ。
登場人物と共にポアロの話に耳を傾ける傍観者と化していた。

こんなトリックを考えた犯人に拍手。
こんなの思い付いても実際に行動に移そうだなんてとうてい思えない。
もしかしたら現代でも応用すればちゃっかり成功できてしまうかもしれない。
なんて考えてしまう自分に笑ってしまう。


ポアロものの中でも評価が高い理由を充分に理解できた。
このトリックは忘れられないだろう。
トリックだけでなく、あれだけの登場人物を見事に書ききった演出もお見事。
ポアロファンでなくとも楽しめる作品だろう。



葬儀を終えて (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
ミス・マープル 寄宿舎の殺人 -アガサクリスティの 葬儀を終えて [DVD]
名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 2
関連記事
スポンサーサイト

category: ミステリー(洋)感想

thread: 読書感想文 - janre: 小説・文学

cm 0   tb 1   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/34-d502a4d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【アガサ・クリスティー「葬儀を終えて」感想】

クリスティー後期の作品の中でも一段と評価の高い「葬儀を終えて」ポアロものの中で一番の傑作と推すファンも多い。まずは簡単なあらすじを「リチャードは殺されたんじゃなかったの...
まとめwoネタ速neo [2012/05/15 16:27]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。