06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

エラリー・クイーン「Xの悲劇」感想 




エラリークイーンの傑作、Xの悲劇。
ドルリー・レーンシリーズの先鋒を務める。

まずは簡単なあらすじ
密室状態に近い電車の中で殺人が起きた
怪事件に頭を抱える警察は元名俳優、ドルリー・レーンに助言を求める
氏によると犯人の目星は付いているようだが…
さらに続く殺人により、事件は次第に異様さを増していく
ドルリー・レーンの出す答えとは?


私はこれがクイーンデビュー作だ。
まだミステリー歴が一年と少しなので大目に見ていただきたい。

まず、個性的なドルリー・レーンという人物が光っている。
魅力的な探偵が傑作ミステリの必需品だ。
これは充分に満たしているだろう。

事件の模様は複雑怪奇。
一見、簡単そうに見えても深く考えると全く底が見えない。
しかし、ミステリの王道を歩んでいる作品ともいえる。
魅力的な探偵、不可思議な事件、見えてくる一つのトリック…。
事実、私には珍しく犯人を当てることが出来た。
伏線は多く散らばっており、回収して当てはめていく時の快感は堪らない。

「犯人を当てることができたから駄作」
などということは絶対にない。
読者を飽きさせずに話に引き込む力は強固。
犯人を確信している私でも、真実が明かされる場面は胸が高鳴ったものだ。

ミステリのお手本ともいえる作品。
これからミステリの世界に入りたいという人にもおススメだろう。
続編「Yの悲劇」も非常に楽しみだ。


関連記事
スポンサーサイト

category: ミステリー(洋)感想

thread: 読書感想文 - janre: 小説・文学

cm 0   tb 1   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/36-2ce08f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【エラリー・クイーン「Xの悲劇」感想】

エラリークイーンの傑作、Xの悲劇。ドルリー・レーンシリーズの先鋒を務める。まずは簡単なあらすじ密室状態に近い電車の中で殺人が起きた怪事件に頭を抱える警察は元名俳優、ドル...
まとめwoネタ速neo [2012/05/18 18:42]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。