07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

「極黒のブリュンヒルデ」感想 



「エルフェンリート」「ノノノノ」の岡本倫先生最新作。
前作とは変わり、「エルフェンリート」に近い作品となっている。

wikiからあらすじを拝借
子供の頃に事故で死なせてしまった幼なじみの女の子の事が忘れられない高校生・村上良太は、彼女との約束(宇宙人が存在することの証明)を果たすべく、天文部に在籍し毎日夜空を見上げ探し続ける。ある日、良太の前にその幼なじみと瓜二つの転校生・黒羽寧子が現れる。彼女は研究所から逃げ出してきた魔法使いだった。

魔法使いを題材としたダークファンタジー。
と聞くと「魔法少女まどか☆マギカ」を思い浮かべてしまうが、作風は全く違う。
独特なセリフ回し、先の読めない展開で楽しませてくれる。
この作者の漫画は本当に展開を読ませてくれない。
いい意味で読者を裏切ってくれる。

この作品も例に洩れず、「倫タン節」は健在だ。
設定も凝っていて、飽きさせない。
まだまだ謎の多い序盤だが、これから解決されていくのを楽しみにしている。


実に面白い作品なのは間違いない。
キャラクターも魅力的で、彼らの掛け合いを見ているだけで笑えてくる。
ところどころに笑いの要素が盛り込まれているのが特徴だ。
しかし、そのギャグによってシリアス展開が壊されることはない。
シリアスな場面に入ると途端に緊張感のあるシーンに豹変する。
そんな二面性も楽しめる作品であろう。



「エルフェンリート」で満足された方には文句なくお勧めできる。
少し暗いがユーモアもある作品、「ドロヘドロ」などが好きだという方にも読んでいただきたい。
これからどんどん面白くなっていく作品の一つだ。



また、単行本化にあたり、本誌連載時のネームが加筆修正されていたりするので、本誌で気になった方も手に取ってみてはいいかもしれない。
アニメイトで購入すると特典として特製ペーパーがついてくる。これまたお得だ。




極黒のブリュンヒルデ 1 (ヤングジャンプコミックス)
岡本倫短編集 Flip Flap (愛蔵版コミックス)
関連記事
スポンサーサイト

category: 青年コミック感想

thread: 漫画の感想 - janre: アニメ・コミック

cm 2   tb 0   page top

コメント

ここから始まる?。

ブリュンヒルデはこれと22~30話、40話~だろうか?。

飛び飛びでもできる範囲で続けることが大事だと思う。
鎮死剤から #- URL [2013/01/22 21:44] edit

Re: ここから始まる?。

そうですね。
このブログはブリュンヒルデが連載後から作ったので1話からの感想はありません。
継続は力なり。
続けていけるよう頑張ります。
mikurasu #- URL [2013/01/22 22:20] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/37-b19b91fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。