05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

エラリー・クイーン「Yの悲劇」感想 



先日、「Xの悲劇」を読了したため購入してきた。
今更あの「Yの悲劇」を読むのかとあきれる方もいるかもしれないが、大目に見ていただきたい。

あらゆるミステリランキングで必ずといっていいほど上位に食い込む本作。
「Xの悲劇」を充分に堪能できた私はかなりの期待を持ってこの本を読み始めた。


まぁ、まずは簡単なあらすじを紹介
「きちがいハッター家」の当主の死体が見つかった
死因は毒物による自殺で、不審な点は見られなかった
しかし、数か月たったある日のこと、この異常な一族達に毒殺未遂事件が発生する
調査に乗りだすレーン達
レーンによると、ありえない人物が犯人らしいのだが…
張り巡らされた伏線と、圧倒的な論理展開により魅了する、古典の名作



「Xの悲劇」に続き、名探偵ドルリー・レーンが活躍する。
せっかく名探偵が活躍してくれているのだが、私は一切手がかりが見えてこなかった。
それほど複雑で一見「ありえない」事件なのだ。
真実がぼかされており、犯人、トリックも推理できない。

「きちがいハッター家」という言葉には全くの偽りは無い。
本当におかしな登場人物ばかりなのだ。
しかし、せっかくキャラクターは立っているのだが、あまり出番が無い。
レーン達の捜査に重点が置かれており、キャラクターの掘り下げが無いためあまり感情移入が出来ない。
これがこの作品のウィークポイントだと思う。
せっかくの魅力的なキャラたちを充分に活かされていない気がした。


また、捜査に重点は置かれているのだがほとんど進展が無く、レーン以外の人にとっては「手がかり無し」のため、少しマンネリ化してしまう。
ところどころで小さい事件は起きるのだが、謎が増えるばかりで解決も出来ないのでダレてしまう。
これは私の推理力が無い為ということもあるだろう。
私にとってはどう考えても「犯行不能」と思考停止してしまったので、まともに物語を楽しむことが出来なかった。
まぁ、この本を読んでいる時期、仕事が忙しくなり途切れ途切れでしか読めなかったというのもあると思うが。


謎が謎のまま物語は進行していき、突然幕を閉じる。
あまりのあっけなさに私は唖然としてしまった。

そして語られる真相。

脱帽

の一言だ。


私も分からないなりにいろいろと推理してみたのだが、そんなことは考えもしなかった。
犯人追及のプロセスも論理的で合理的。
少し考えれば簡単に思いつく犯人像。
それを気付かせもしなかったクイーンの文章力に完敗だ。

この作品が名作と呼ばれる所以が良くわかった。
確かにこれは語り継がれるべき作品だ。

だが、個人的には「Xの悲劇」の方が面白かったように思う。
結論の意外性は別にして、物語全体を包み込む謎の雰囲気。
真相が分かった時の頭のスッキリ感はこちらの方が上だろう。

それでも、この作品が面白いことには変わりは無い。
次は「Zの悲劇」を喜んで読むことにしよう。
関連記事
スポンサーサイト

category: ミステリー(洋)感想

thread: 読書感想文 - janre: 小説・文学

cm 0   tb 1   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/43-3570b650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【エラリー・クイーン「Yの悲劇」感想】

先日、「Xの悲劇」を読了したため購入してきた。今更あの「Yの悲劇」を読むのかとあきれる方もいるかもしれないが、大目に見ていただきたい。あらゆるミステリランキングで必ずと...
まとめwoネタ速neo [2012/06/09 03:57]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。