04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

エドガー・A・ポー「モルグ街の殺人」感想 



史上初の推理小説として知られる「モルグ街の殺人」。
始祖にしてミステリー小説のお約束を決定づけた怪作。
魅力的な探偵、平凡な助手、論理による推理、意外な犯人、意外なトリック…。
また、密室殺人もこの作品から登場している。


まずは簡単なあらすじを
語り手である「わたし」は、「C・オーギュスト・デュパン」という人物と知り会う。
デュパンは膨大な読書量と知識や推理力を持っており、デュパンに見惚れたわたしはすぐに意気投合する。
二人が同居を始めて日が経った頃、「モルグ街の殺人」という記事が目に留まる。
モルグ街にある屋敷に住む母娘が惨殺されたのだ。
非情で残虐な手口であり、新聞には多くの証言が集まっていた。
警察に友人を持つデュパンは、実際にモルグ街を訪れ独自の手法で捜査を始める。



まさに今のミステリー小説と変わらぬ出だし。
この手法がいかに素晴らしく、魅力的であるかがよく分かる。

前述の通り、天才的な探偵、平凡な助手が語り手、密室殺人など、基本的なことは全てこの作品で体系付けられている。
さらには探偵が警察を小馬鹿にすることまでこの作品が作り出したお約束だ。
凄惨な事件で物語が幕を開けるというのはどうしてこうもワクワクしてくるのだろうか。
これぞミステリーの醍醐味と言わざるを得ない。


そして最後に探偵が論理的な推理を展開する。
これもお約束だ。

肝心の真相は…


驚きである。
ミステリーの起源にしてなんととんでもないオチを持ってきたのだろう。
短編小説だからいいものの、長編小説でこれをやられたら堪らない。
なぜなら物語の記述にアンフェアな部分があるからだ。
「本格ミステリ」とは到底言うことは出来ない。
これを完全に推理出来た人はこの長い歴史、誰もいないと思われる。


少々アンフェアなトリックだったけれども、ミステリの父と呼べる作品を読むことができて本当に満足だ。
この作品はある程度ミステリの知識がなければ楽しめないと思う。
ところどころにあるお約束を見つけてニヤニヤするのが大半だろう。
私のようにミステリ歴一年ほどで読むのが一番良いと思う。
何年も経つと「今更…」と逆に読む気が削がれてしまうだろう。

シャーロック・ホームズがこの形式を乗っ取り、以後、世界に定着させた。
ミステリ小説というものは、ポーが作り、ドイルが広め、クリスティ、カー、クイーンが決定付けたともいえるだろう。
全くのミステリ初心者にはお勧めできないが、ある程度馴れた人には是非とも読んでいただきたい作品だ。




ここからはネタバレ記事
注意願います


まさかね
人間が犯人では無いとは思わなかった。
「オランウータンが犯人」なんて言ったら笑われてしまうレベル。
推理しようにも推理できない状態。
せめて容疑者リストに入れてほしかった。

さらに「密室」の描写が分かりづらい。
これは訳者のせいかもしれないが、状況を少し把握しづらかった。
それでもデュパンの見事な推理で破れたので満足である。


自分で推理することは不可能だが「ミステリ」という雰囲気を楽しむ作品。
純粋な「ミステリ」として楽しむ作品ではないだろう。
それでも、一ミステリファンとして一読すべき作品だ。



モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集〈2〉ミステリ編 (新潮文庫)
関連記事
スポンサーサイト

category: ミステリー(洋)感想

thread: 読書感想文 - janre: 小説・文学

cm 0   tb 1   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/57-a81b8354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【エドガー・A・ポー「モルグ街の殺人」感想】

史上初の推理小説として知られる「モルグ街の殺人」。始祖にしてミステリー小説のお約束を決定づけた怪作。魅力的な探偵、平凡な助手、論理による推理、意外な犯人、意外なトリック...
まとめwoネタ速neo [2012/06/30 19:21]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。