05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

我孫子武丸「殺戮にいたる病」感想 



今日は我孫子武丸氏作、「殺戮にいたる病」の感想を書いていきます
我孫子氏は「かまいたちの夜」の脚本も担当しており、本作で絶大な支持を得た作家でもあります

そんな我孫子氏の大傑作のあらすじを簡単に紹介

「自分にしか理解できない愛」を求め、次々に猟奇殺人を起こす蒲生稔
そして自分の息子が猟奇殺人犯ではないかと疑い始めた母親
恩人を殺され、独自に調査を進める元刑事
繰り返される惨殺の果て、三者の行く末とは?
殺人者の行動をリアルに追う、衝撃のホラー


あらすじにも書いている通り、三者の視点で物語は進行していく

犯人
母親
探偵役の刑事

それぞれの心理描写は見もの
特に、自分の息子が犯人だと確信し、次第に狂っていく母親の描写は圧巻


また、猟奇殺人を扱ううえ、グロテスクな描写も回避できない
ただのミステリーとは違い、犯人の視点からも描かれ、さらにその犯人がド変態ときているものだから、犯人の語るリアルで残酷な描写には気分を害する人も出てきてしまうだろう
あまりグロテスクな表現が好きではない人にはお勧めできない
面白い作品なのだが、こればかりがどうしてもネックになってしまう

すでに犯人が登場していたり、少しの推理で事件を追う展開なため、ミステリーというよりサスペンスに近い作品になっている
事実、私の推理していたものが作中で否定されてしまったため、途中から推理するのを止めてミステリーではなくサスペンスとして読んでいた
しかし、まだ未読の方には注意をしておきたい
これはミステリー作品である

油断していると、最後の最後でとんでもない爆弾に身を焦がされてしまう
あのオチを読んだ後の呆然感、やられた感はそうそう味わえるものではありません
あまりの衝撃に「あとがき」をまともに読めなかったほど
この自失感は「あとがき」にも引き合いに出されていた「十角館の殺人」や、「ハサミ男」に通ずるものがある
まだ再読はしていないが、とても再読が楽しみな作品になると思う
「ミステリーは一回読んだら終わり」などとよく言われるが、「二回目が一番面白い」のパターンの作品ではないだろうか
いつになるかわからないが、「とても楽しい再読の旅」に出かけようと思う


ここからはネタバレ感想です
注意願います





さて、この物語の核心に触れて感想を書きたいと思うが、まだ読んでいない方は回れ右を
ここから先を読んでしまっては絶対面白くない


よし!もう未読者はいないでしょう
こころおきなく今の気持ちをぶちまけられる


まず、稔は息子ではなく、父親が稔だったというメイントリック
これは一瞬理解できなかった
3回くらい読み返してしまった気がする
ものの見事に騙されてしまった

私も一応推理はしていたので、「息子≠稔」説は考えてみた
母親が一度も息子を名前で呼ばないこと、稔の独白で母親の描写が少ないこと
明らかに息子≠稔への伏線だと思っていた
だが、話が進む連れにそれぞれの家族の話がでてきて、明らかに稔は母親の家族の一員だとわかったため、この推理を捨てることになった
まさか父親が稔だとは夢にも思ってなかった
確かに母親は夫のことは名前で呼んでなかったなぁ・・・

肝心の息子の方は父親の犯行に気付き、なんとかやめさせようと奮闘する
そんな息子の姿を見て息子が怪しいと考える母親・・・
もっと夫のことを見てあげて、息子を信頼していればこんなことにはならなかった
このあたりは現代社会への風刺が含まれているのではないだろうか
互いへの関心を無くす家族
とても1992年の作品とは思えません


肝心のトリックだが、やはり少しアンフェアではないかと思う
稔が大学で自分を「院生だ」と名乗っていたり、「30歳くらい」と目撃者に言わせていたり
43歳なんだからちょっと無理はないかなぁ

しかし、少しのところまで辿りつきながらも、気付けなかった私が悪い!
鮮やかな叙述トリック!まいった!


この作品が名作だと言われる所以がわかった
これからももっと面白い作品を探求していきたいと思う




殺戮にいたる病 (講談社文庫)
十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
ハサミ男 (講談社文庫)

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
関連記事
スポンサーサイト

category: ミステリー(和)感想

thread: 読書感想文 - janre: 小説・文学

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/6-1deaaeb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。