09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

「咲-saki-阿知賀編 1巻」感想 



四月八日(日)深夜一時五分よりテレビ東京で放送開始の「咲-saki-阿知賀編 episode of saido-A」
人気麻雀漫画「咲-saki-」の番外編となります
奈良県の阿知賀女子学院を舞台に、和の旧友たちが主人公となって全国制覇を目指す物語です
話は皆が小学六年生の時からスタート
まだ和がいるころなので、ロリ和を充分に堪能できたりします…

原作は本編と同じ小林立先生ですが、作画は「バンブーブレイド」で知られる五十嵐あぐり先生
本編に馴れてしまった方でも、違和感なく楽しめると思います



ここからはネタバレ感想
注意願います


さて、前述の通り和達が小学生の時から始まります
ロリ和を物語の中に引き入れてくれるのは、お調子者で麻雀大好きな「高鴨穏乃(しず)
しずと仲良しでピンクの髪が特徴の「新子憧(あこ)

しず達と友達になった和は二人に連れられ阿知賀女子学院の子供麻雀教室に行く
子供の麻雀教室があるとは相変わらず凄い世界です
私たちの世界で言う野球とかと同じくらいの知名度と人気なのでしょうか
インターハイ予選の県大会や、タイトル戦が放送していたり
麻雀は国技という感じなのか


その麻雀教室で講師をしているのが、大学生で以前阿知賀女子学院を全国で導いたという「赤土晴絵
麻雀の講師って何を教えているのか気になる
「何切る?」の問題を出してるのかな
完全に独学で覚えた私はちょっと想像しづらい存在です


そんな麻雀教室でも順当に勝つ和
しかし、この教室のナンバー1で和達の一つ年上の「松実玄(くろ)」が立ちはだかる

玄と打っていき、オーラスになったところで和が一言

和「これ…赤ドラ抜いたんでしょうか? このオーラスまで一度も見かけていません
憧「和のところにドラがいくわけ無いじゃん!まだドラが姿を見せていないのは、玄が一度も手を開いてないから

「全てのドラは 玄に集まる!」


なんだってー
なっなんだってー!?

またもやチート能力を持つお方が現れてしまいました
とりあえず上がれれば満貫くらいにはなるんじゃないのか?
部長かこの能力を身につけたらとんでもないことになりそうです


それを聞いて「そんなオカルトありえません!」と和
名言いただきました


それからも赤土先生や玄と共に麻雀教室で仲を深める和達
しかし、赤土先生に福岡の実業団から声がかかり、麻雀教室は閉鎖してしまう
さらに、和の転校も決まり、だんだん疎遠になっていく彼女たち…
いったいどうなることやら



中学三年生になった和やしず達
しずはもう麻雀を打つのをやめていたが、なんとなくテレビで麻雀全国中学生大会の決勝戦を見てみる
おいおい、しずはしっかり成長してるけど、小学生の時と同じような服着てるぞ
しかもズボン履いてるのかっていうくらい変な服装
っていうか履いてない
中学生でこれは如何なものかと

テレビを見ていると、なんと全国大会で優勝する和の姿が!
それを見ていてもたってもいられなくなったしずは、阿知賀女子高校に入学し、全国に行こうと決意する
玄、憧も集まり、本格的に阿知賀女子学院麻雀部は始動していくのであった…

うん、うまい始まり
「あの花」のような導入で、先が気になります

と、前半部分で時間をかけ過ぎてしまいました
ちょっとここからは急ぎ足で感想を書きたいと思います


玄、しず、あこのたった三人の麻雀部
とりあえず部員をあと二人見つけることに

まず一人目は玄の実の姉、「松実宥(ゆう)
夏でもコタツに入るというかなりの寒がり屋さん
私も寒がりなほうですが、ちょっとこれは異常
今まで県内一の寒がりを自称していましたが、これは返上しなければいけないようです

玄とは違い、金髪
普通にかわいい


そして二人目は赤土先生に憧れていたという「鷺森灼(あらた)
外見の雰囲気は一ちゃんに似てるかも
おとなしいクールビューティという女の子です

さらにさらに、福岡の実業団が潰れそうで悩んでいた赤土先生が帰還!
阿知賀女子学院麻雀部の顧問をすることに!
本格的にスタートとなりました!



そして迎えた奈良県大会当日…
って展開早いな
てっきり修行で1巻は終わるのかと思っていた
アニメではもっと描写してくれるかな?

そしえ一回戦でいきなり優勝候補と当たってしまう
そして闘い始めてたったの4ページで阿知賀女子の勝利!
展開早ええええ
敵キャラはなかなか個性的だったのでもっと掘り下げてくれると思ってました
こんなモブキャラに成り下がるなんてorz

描写から見るに、
先鋒:玄
次鋒:宥
中堅:憧
副将:灼
大将:しず
だと思われる

しずってそんなに強かったんだ・・・

結局灼や宥の能力もわからないまま全国大会出場
能力は本編の方でお披露目なのだろうか?
こいつぁ面白くなってきました


全国出場を決めたため、各県のナンバー2を倒しに行く合宿を決行することに
初っ端から龍門渕高校と対決
絵柄は本編とほとんど変わっていません
かわいらしい衣や透華を拝むことができます

結局龍門渕にはフルボッコにされるも、他の県のナンバー2は順当に倒していくメンバーたち
全国大会に自信を持って乗り込んでいくのであった


抽選会場に行く際、本編の主人公、宮永咲とすれ違う
恐ろしい威圧感に圧倒されるメンバー
恐ろしい顔をして見開きで登場する咲は圧巻
完全に悪役です

そしてしずの決めの言葉

「宮永咲…私の倒すべき相手だ―!」

完全にラスボスです 本当にありがとうございました
本編でも主人公というよりボスにふさわしい鬼のような強さを持つ咲ですが、番外編では完全にラスボスと化してしまいました
この化け物をどうやって攻略するのか見ものです

2巻はいつ発売かは告知されていませんが、アニメ放送中に発売するのは間違いないでしょう
本編とどうやって絡ませてくるのか非常に楽しみです
咲視点からの試合と、阿知賀視点の試合を同時進行させるつもりなのでしょうか
この展開の早さはやっぱりなんかあるよなぁ…

アニメでどこまでやるのかわかりませんが、視聴は必ずします


自分の地区では放送されないという方も安心してください
ニコニコ動画でも4月17日より無料配信が決定しました
私もこれを利用しようと思います


番外編だからといってつまらないなんてことはないですよ!
原作は本編も書いてる小林先生
気になった方は是非手にとってみてはいかがでしょうか


関連記事
「咲-saki-阿知賀編」2巻 感想
咲-saki- 9巻感想

ではまた


咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(1) (ガンガンコミックス)
咲-Saki- 嶺上開花 スペシャルBD-BOX(完全受注生産限定盤) [Blu-ray]
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第一局 [Blu-ray]


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
関連記事
スポンサーサイト

category: 咲-saki-阿知賀編

thread: 漫画の感想 - janre: アニメ・コミック

tag: 咲-saki- 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/7-36ca280b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。