07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

「極黒のブリュンヒルデ」26話 感想 

よくわからない地図と警告は手に入ったものの、依然前に進むことのできない良太達。
どんなアクションを起こすのだろうか。

そんなこんなで、ネタバレ注意です。


端末を調べてみると、なにやらパスワードを入力する部分が。
カズミの能力で解こうと思いきや、どうやら範囲外のものだった模様。
カズミの能力はネットワークの暗号専用だとか。メモメモ。

良太とカズミはメイド喫茶に行ってから帰宅。
完全にカップルじゃないかコノヤロー。
メイド喫茶での描写が無かったのが非常に残念だ。


良太は明日にはもう地図の場所に一人で行ってみるとネコ達に報告。
かなり危険なのに良太は凄いなぁ。
色んな意味でイケメンだわ。
まぁ、ネコがいなかったら死んでたんだし、義理を感じるのは無理もないか。


すると、小鳥が帰り際に一言。
小鳥「あの…さっきの端末をもう一度見せてもらえませんか」
良太「ネコが端末を壊すつもりじゃないだろうな?」
ネコ「ドキッ」


久しぶりにお茶目なネコを見れて嬉しい限り。
最近はクールな綾波系美少女と化していたからね。


家で地図の場所を探しているとカズミが訪問。
場所探しが難航している良太を手伝うとのこと。

持ち前の「見たものをスキャナーのように取り込んで覚えられる能力」で端末の地図を何も見ずに正確に書き写す良太。
これもこれでチート能力。
どう見てもサヴァン症候群なのだが、欠点がないとは末恐ろしい。
良太のような能力を持っている人は、単純な足し算すら出来なかったりするのに。


カズミの手伝いもあり、地図は中軽井沢を示していると断定。
明日乗り込むと決意。

すると、カズミが顔を赤らめ…



カズミ「村上はネコのこと好きなん?」

良太「別に好きってわけじゃ…」


カズミ「それじゃ私とHせぇへん?」

良太「!?」


そんな爆弾発言をしてパンツを脱ぎ出すカズミ。
おいおいどんな展開だよ。

「この状況になってもムラムラせんほど 私に魅力ないんかなぁ…」


いや、十分ありますよ!カズミさん!

まさかの夜這い展開に一喜一憂。
カズミの死亡フラグはようやく建設を終えたようだ。
これでもう完成だ。

果たして、良太は本当にカズミの誘いに乗るのだろうか。
普通の漫画の展開だったら絶対にHまで行かないのだが…。

予想してみよう

gdgd喋っているうちに邪魔が入る…1.2倍
馬鹿じゃないの?と村上が一蹴…1.8倍
Hはせず、源君的展開…2.3倍
変な描写でごまかされる…5.2倍
本当にやっちゃう…12.5倍
小鳥が転移してくる…246倍


どうなるのか本当に楽しみ。
「やるかボケ」と良太が拒否→カズミ泣きながら帰る→なんだかんだでカズミ瀕死→最期に良太とキスして死亡
という展開を希望。
ありきたりだけどこれが一番良いのでは。

残念ながら合併号なので真相はまだまだ持ち越し。
倫タンのことだからただでは終わらないと期待する。
関連記事
スポンサーサイト

category: 極黒のブリュンヒルデ

thread: 漫画の感想 - janre: アニメ・コミック

tag: 極黒のブリュンヒルデ 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/81-36e691b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。