05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

「咲-saki-阿知賀編」3巻 感想 



アニメは追加放送が決定したものの、未だに公開されない「咲-saki- 阿知賀編」
漫画は順調に発売されており、3巻の表紙は憧ちゃんが飾った。
てっきり怜が表紙になっていると思っていたので意外である。
4巻の表紙こそ怜が飾ると期待しておこう。
大穴ですばらもあるかもしれない。

そして、驚きなのが表紙折に登場しているキャラクターが初瀬ちゃんだということだ
咲の表紙折には、表紙のキャラクターの百合パートナーが描かれていることで有名である。
咲なら和、キャプテンなら部長、エイスリンなら白だ。
穏乃が表紙の阿知賀編1巻の表紙折は憧ちゃん。
穏は見事に裏切られた格好になってしまった。
初瀬ちゃんは夢が叶ってよかったね。

hatuse


さて、アニメは放送されたものの、ネタバレ注意である

ワハハ達鶴賀学園や、キャプテンと一緒に麻雀を打って練習することになった阿知賀女子のメンバー。
アニメのような闘牌の描写がなかったのが残念である。
また、池田も登場しない。
せっかく本編キャラクターを出したのだからもっと活躍させて欲しかったなぁ。
とにかく、ワハハが可愛くなってきてる

一日で雀力が上がるとは到底思えないが、気の持ち用だろう。
ついに、決勝戦進出を懸けた準決勝が開始する。

先鋒戦
我らが主人公、阿知賀女子からはドラゴーンロードこと松実玄
準々決勝での借りを返せるか。

そしてそのライバル、千里山女子は一巡先を読む者、園城寺怜が出撃。
今度はどこまで点棒を稼ぐのか。

福岡の超強豪高、新道寺女子からは「すばら!」が口癖な花田煌
マジでいいキャラしてますわ。

大本命、白糸台高校からは本編の主人公、咲の姉の宮永照
どんな能力なんだろうか。


咲の魅力はなんといってもキャラクター。
ひとりひとりに個性的なキャラ付けがされており、捨てキャラはほとんどいない。
今回初登場の新道寺女子、花田煌も例外ではない。
まぁ正確には初登場ではないが。
和とタコスの出身校、高遠原中学校の先輩として何度か登場している。

subara
変な髪型とか言わない。
「すばら!」が口癖なすばらなキャラクターだ。
私がひと目で惚れ込んでしまったのは言うまでもないだろう。
活躍に期待したいところだが、相手はあの宮永照。
ボコボコにされるのが目に見えている。
実際準々決勝でボコボコにされたらしいし…。


そして気になるのが、本編でもラスボスとして描かれてきたキャラクター、宮永照の能力だ。
最近は咲がラスボスと化してきていたのでやっと存在を発揮できる。

私、気になります!とどこからともなく聞こえてきそうな照の実力。

その能力とは…


連続和了である

とにかく連続で和了る。
そして和了る度に点数が高くなっていく。
最初は1000点程度だが、1300→2000→6000→12000
のようにどんどん高くなっていく。


一見地味な能力だが、実力は折り紙付き。
あの怜の能力でさえも止めることができないのだ。

たとえ予知しようが問答無用に和了ってしまう。
早く、連続で、打点を高くしながらである。
恐ろしい照の姿を見よ!

teru

とんでもねぇ

もはや麻雀漫画ではないだろう。
バトル漫画で渾身の一撃を放った描写にしか見えない。
やっぱりラスボスは照さん、あなたです。

しかし、他のプレイヤーも負けてはいられない。
照の能力は、連続和了が止まってしまえば、また低い点数からやり直しだ。
怜とすばらは連携して、差込で照の和了を止めようとする。
あれ…玄ちゃんの出番が


けれども止めるのがやっとのようで、後半戦が始まっても六連続和了。
二位の千里山と10万点差をつける。

怜は限界を超え、二巡先まで見えるようになる。
体力の消耗はとんでもないようで、フラフラになりながら牌を打つ怜。
病弱なのに、なんと健気な子。
阿智賀編人気ナンバーワンは伊達じゃない。

一方、すばらは過去を回想。
どうやら、エースばかり集まる先鋒戦の捨て駒として、すばらは先鋒に選ばれたようである。
プロとの練習試合の時にトバなかったのが「捨て駒」に選ばれた理由だそうだ。
可哀想なすばら。
それを知ってもなおあんな笑顔なんだからすばらしい。
subaraaaaaaaaa

かっこいい
ポジティブ。
とってもポジティブ。
このポジティブこそがすばらの魅力。
すばら!まさにすばらです!


そして迎えるオーラス。
なんと親番は照。
このまま連続和了を許してしまうと誰かが飛んでしまうことすら考えられる。

一体どうなるのか?
玄ちゃんは空気、怜は死にそう、すばらはすばら。
気になるところで、次巻!



今までと違い、ほとんどが麻雀シーンだったため、非常に楽しめた。
これぞ咲の醍醐味である。
あまりにチートな能力であるが、どう立ち向かっていくか見ものである。


4巻の発売が待ち遠しい。
アニメも終わってしまったし、まだまだ先になりそうか。

関連記事
「咲-saki-阿知賀編」4巻 感想
「咲-saki-阿知賀編」2巻 感想
「咲日和」2巻 感想



咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(3) (ガンガンコミックス)
咲日和(2) (ビッグガンガンコミックス)
咲-saki- BD-BOX (通常版) [Blu-ray]
関連記事
スポンサーサイト

category: 咲-saki-阿知賀編

thread: 漫画の感想 - janre: アニメ・コミック

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/84-4fa1da87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。