09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

読んだらけ

漫画に小説、読んだものの感想を書いていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

アガサ・クリスティー「三幕の殺人」 



今日はミステリの女王、アガサクリスティーの作品「三幕の殺人」の感想を書きたいと思います
本作はポアロシリーズ第9作目
名作「オリエント急行の殺人」の次に刊行された作品であるから、期待はさぞ大きかったことだろう

簡単なあらすじを紹介する

ある、引退した俳優が主催したパーティで、牧師が急死する
それから日が経ったある日、その俳優の友人が同じような状況で死亡した
この二つの事件の関連性とは?
一見何も関連が無さそうな二つの事件を、ポアロが結び付けて解決に導く
三幕仕立ての推理小説


タイトルの通り、大きく三章に分かれて話は進行する

1 疑惑
2 確信
3 真相

実際は3の「真相」の章がこの物語の半分程を占めるのだが、実際は聞きこみばかりで全く真相が見えてこずイライラしてしまう


まずは率直な感想を述べよう

物語は老牧師が急死するところから始まるのだが、全く物語に引き込まれない
ポアロも熱心に捜査するわけでもないし、不可思議な謎が出てくるわけでもない

第二章によって本格的な捜査が始まるのだが、ポアロの活躍は0に近い
物語の中心人物が俳優ということで、自分は脇役だと引っこんでしまうのだ
本当に物語自体に登場しないため、ポアロの活躍を期待していた方はがっかりしてしまうだろう

また、登場人物のキャラが薄い
実際に中心となって動くのは3~4人ほどで、ポアロは居ないし話もあまり動かないしで私は少し退屈してしまった
主要人物は10人ほどいるはずなのだが、ポアロ同様影が薄い人ばかりなので、印象に残らず逆に犯人では無いなと考えてしまうほど
もっと多くの人物で物語を盛り上げてほしかった

肝心のトリックはさすがアガサ、というところ
多少腑に落ちない部分はあるが、飽きかけていた私をポアロは見事に引き込んでくれた
人によってはふざけるなと思ってしまうかもしれないが、私は充分に満足した



ここからはネタバレ感想です
注意願います


さて、ここからは少し踏み込んだ話をしたいと思う
ネタバレ要素満載のため、未読の方は注意

前述の通り、キャラが薄い人ばかりの為、どうしても「意外な犯人象」を求めてしまい、ごく自然に「動き回っている彼ら」に疑いがかかってしまう
「こいつが犯人だったら面白くないだろう」と私は考えてしまうため、容疑者は数人に絞られてしまうのである
メタ推理はよくないが、これはどうしようもない


そんなことを私は言っているが、犯人を当てることは出来なかった
犯人の恋人が犯人だと思い込んでいた
医師を殺したのは何か恋愛上の問題絡みだと考えたからだ
普段ちょっと馬鹿っぽくしていたり、これをきっかけに犯人と仲を深めていっていたからだ
最初の殺人は、医師殺害のリハーサルという私の推理は当たっていた
どう考えても牧師を殺す理由が無いし、牧師を狙って殺せる手段も無い
無差別殺人、つまり医師殺害のリハーサルだな、演劇扱ってる作品だし
と特に考えず思っていた
当たっていたとは驚きである


そして、医師殺害の際の犯人の変装が腑に落ちない
絶対にバレるとしか思えないのだ
まぁ、実際、作中で一人に見破られているのだが
さすがに変装をといた状態でも、変装時の状態をまじまじと観察してる人に会ったらバレるのではないか
犯人はちょっと冒険しすぎだし、リアリティが無いようにも感じられる



しかし、鮮やかに事件の謎を解くポアロの手腕は見事
毎度恒例の摩訶不思議の実験の真意が分かると、思わずあっと声を上げてしまう
全体的に見ると、凡作とも名作とも言えない

前作、「オリエント急行の殺人」に遠く及ばないのは間違いないだろう
最初から最後まで物語にあまりのめり込めない作品であった


だが、ポアロが脇役に回るなど普段のポアロ作品とは一風変わっているので、いつものポアロに飽きてしまった方は手に取ってみてもいいかもしれない


まだポアロ作品を読んだことのない方は、「ABC」「オリエント」など有名な作品を網羅してからこの作品を読んでみてはいかがだろうか




三幕の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
名探偵ポアロ/三幕の殺人 [VHS]


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
関連記事
スポンサーサイト

category: ミステリー(洋)感想

thread: 読書感想文 - janre: 小説・文学

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyossyo.blog.fc2.com/tb.php/9-24b1f7a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

注目の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。